アーティストトーク|鷲尾蓉子 [気長な分割] 


最近、個人的に面白く感じているアーティストの話をインタビューします。

それはスマートでも成熟されている訳でもなく
ただだらだらと作家と観客との間ではぐらかされ話されるアーティストトークの構造に作家たちの意図しない本質がほんの少し見えるかもしれません。

川田龍と藤川琢史、2人の作家のアーティストトーク。

インタビュー:鷲尾蓉子

日程:1月18日(土)
開場:19:30 開演:20:00
入場料:1,000円

藤川 琢史  Takashi FUJIKAWA
1987 東京都生まれ。2013年 東京造形大学美術学科絵画専攻卒。主な発表に、2012 “年「アイムアダイバー 」(KOSHIKI ART EXHIBITION 2012 鹿児島県甑島)、「scales(仮)」(blanClass)などがある。

川田 龍 Ryo KAWADA|
Painter。1988年生まれ。現在東京造形大学絵画科専攻在学中。主な発表に、2010 年「STILL NACHT Kawada Ryo Painting Exhibition”」(THE SECRET MUSEUM)、2012 年「ARTIFICIAL ORGAN」(Turner Gallery )、2013 年「ARTIFICIAL ORGAN 2”」(SPC Gallery)などがある。TAMA ART competition 2013 天明屋尚賞。TURNER AWORD 2013 未来賞。

鷲尾 蓉子 Yoko WASHIO
1985年生まれ。2008年女子美術大学卒。2012年東京芸術大学卒。主な展覧会に「現役美大生の現代美術展〜Produced by X氏」Kaikai Kiki Gallery +Hidari Zingaro gallery(東京, 2010)、「Geisai Taigwan」(台湾, 2010)、「AFYAAF」(韓国, 2011)、「BE ART」(フランス, 2012)など。現在は「タウンミーティング」で活動中。
「タウンミーティング」http://talking-about-townmeeting.tumblr.com/

Pocket