フィールドワーク報告&食事会|笠原恵実子[アメリカ先住民、大陸横断鉄道、そしてアメリカ現代美術]
2016年夏アメリカでのフィールドワーク報告と、そのことをテーマに参加者と意見交換を行いながら、一緒に食事をする場です。宮川知宙(1993生)のアクション、“ハンバーガー”-作る/食べさせる-、を同時開催し、彼によって作られた美味しいハンバーガーが参加者に振る舞われます。

 近代覇権主義の象徴として鉄道に興味を持ち、その敷設に絡んだ、文化の破壊、 越境をリサーチ、作品化を試みています。今回は、今年の夏に行う、40日間に渡るアメリカでのフィールドワークについての報告と、参加して下さる方達との意見交換を、食事をするという日常性の中で進めて行きたいと思います。この様な機会を持ちながら、私は、多くの人との開かれた文脈構築を目指しています。 

日程:2016年10月7日(金)19:30~
入場料:1,500円(ワンドリンクつき)
※軽食(無料)もご用意しております。




笠原 恵実子 Emiko KASAHARA
初期は身体を通じて女性と社会との関係性を考察する彫刻作品を制作。近年は、性別や宗教、国籍や言語など社会を規定する制度とその状況についてフィールドリサーチを行い、その記録を元に制度の曖昧性を示唆する作品を制作している。その手法は彫刻に留まらず、写真、ビデオやパフォーマンス、ドローイングなど多岐に渡る。国内外での個展の他にPARASOFIA(2015),横浜トリエンナーレ(2014),シドニービエンナーレ(2004),光州ビエンナーレ(2001)などで発表。
www.emikokasahara.com

宮川 知宙 Tomohiro MIYAKAWA
1993年生まれ。2013年〜 多摩美術大学美術学部彫刻学科在籍中。主な展示・活動に、2016年「the continent,八木と、」(アートスポットシャトー2F)、「OOQO」(Space Wunderkammer)、「話さなくてもよいことを話してください」(参加)、「ステューデントアートマラソンvol.11」(blanclass)などがある。


related posts