パフォーマンス|山城大督[パフォーマンス作品《LOST IMPRESSION / ロスト・インプレッション》]

『パフォーマンス作品《タイトル未定》への覚書』2015年5月31日|山城大督2010年の初出演以来、blanClassでは「”時間軸をもった空間”"アクシデントが起こる空間”を設計する」という個人的意識で企画内容を考えています。これまでの企画として「公開撮影パーティー」「公開撮影パーティーver.2」「クリスマス会」「ビデオレター撮影会」といった、映像という記録メディアを扱う僕にとってはパフォーマティブな行為が実演できる場所としてblanClassは機能してきました。今回、2年ぶりの出演にあたって、個人名義では初めてとなる『パフォーマンス作品』を制作することにしてみたいと思います。この2年ほどインスタレーションや展覧会の中で利用してきた「時間構成法」を用いて、一過性のパフォーマンスを考えてみます。あえて今回の作品を、大きな声で「パフォーマンス作品」と明言し、発表したいと考えています。

上演演目(2015.6.26現在)
1:投げたペットボトルがどう落ちていくかをイメージする。
2:水を少し入れたペットボトルがどう落ちていくかをイメージする。
3:床に投げつけた電球が割れるかをイメージする。
4:目を閉じて、自分の目の前のペットボトルが存在することを忘れられるか。
5:目をつぶって、この部屋に自分しかいないと思い込めるか。
6:自分の存在を忘れられるか。
7:寝たまま移動すると、どこに到着してるかわからない。
8:人は恐怖を感じる。


日程:2015年6月27日(土)
開場:19:00 開演:19:30
入場料:1,800円(ワンドリンク)
※軽食(無料)もご用意しております。





山城大督 Daisuke YAMASHIRO
美術家・映像ディレクター・ドキュメント・コーディネーター。1983年大阪生まれ。映像の時間概念を空間やプロジェクトへ展開し、その場でしか体験できない《時間》を作品として展開する。2007年よりアーティスト・コレクティブ 「Nadegata Instant Party (中崎透+山城大督+野田智子)」を結成し、他者を介入させ出来事そのものを作品とするプロジェクトを全国各地で発表している。岐阜県立国際情報科学芸術アカデミー(IAMAS)修了、京都造形芸術大学芸術学部卒業、山口情報芸術センター[YCAM]エデュケーターを経て、東京藝術大学映像研究科博士後期課程(2014年退学)。2011年より京都造形芸術大学、2013年より明治学院大学 非常勤講師。第18回文化庁メディア芸術祭審査委員会推薦作品選出。主な個展に 『VIDERE DECK /イデア・デッキ』(2013、アサヒ・アートスクエア[東京])、グループ展に『あいちトリエンナーレ2013』(Nadegata Instant Party として、中部電力本町変電所跡地[愛知])がある。

http://yamashirostudio.jp/

2015/6/25/山城大督/blanClass放送室


related posts