展示&ダンスパフォーマンス|澄 毅[Light is blank(光の空白)]

写真に光を透す。
光が透けた場所に生ずる「空白」。
盲点と同様に、「空白」をうめようとする人の願望や願い。
今回の展示では写真に直接光を透すことで、視覚だけではなく、痛点としてもその空白を感じてほしい。
またダンサーとのコラボレーションを通して発生する「想定外」の魅力を探る。

ダンスパフォーマー:海斗音呼/加藤典子/齋藤麻生/高瀬弥生/東 ゆうこ/松縄春香/祭 美和/吉武 香(パパタラフマラ舞台芸術研究所(P.A.I.)所属)


展示:2011年11月7日(月)~11月12日(土)
12:00~19:00 (土〜18:00)入場無料

ダンスパフォーマンス&トーク:12日(土) 
開場:18:00 開演:19:00
一般:1,500/学生:1,300









ヨコハマ・トリエンナーレが終わり、blanClassは新港ピアから井土ケ谷に帰ってきました。今週のイベントも井土ケ谷で行われますのでご注意ください。早速本日より、写真家・澄 毅による[Light is blank]の展示が始まっています。写真に小さな穴を無数に空け、そこに光を通したものを鑑賞します。写真を、光を見るとはどういうことか、ぜひご自身の目で確かめに来て下さい。平日も開催していますので、週末に来られない方も是非お越し下さい。([blanClass +mail vol.108]より)


澄 毅 Takeshi SUMI
1981年京都府生まれ。明治大学文学部文学科ドイツ文学専攻卒業。多摩美術大学情報デザイン学科情報芸術コース卒業。主に久保田晃弘教授、三上晴子教授の指導を受ける。現在、写真を表現のベースに作品を制作している。写真新世紀、ひとつぼ展など入賞多数。個展に「メテオ」(企画ギャラリー・明るい部屋)、「光」(Port Gallery T)がある。



LINK
澄 毅 [Light is blank(光の空白)]|三木義一(blanClass+column, 2011-11-08)


related posts