★月イチ・セッション|CAMP[先月の話|2015.10]
2015年10月に起こった出来事について、ゲストを招いて考えます。詳細はCAMPのサイトで。
ゲスト:粟田大輔(美術批評)ほか

日程:2015年11月19日(木)→ 26日(木)19:30〜
予約:1,000円/当日:1,200円
定員:30名
〈予約方法〉以下のフォームよりご予約ください。
24時間以内に予約完了メールをお送りいたします。
http://bit.ly/LXO3ao

※ 当日参加も大歓迎です。その場合でも準備がありますので、ご予約をお願いします。



成相肇 Hajime Nariai
東京ステーションギャラリー学芸員。1979年生まれ。2005年から2012年まで府中市美術館学芸員。専門は戦後日本のいわゆる現代美術。主な企画展に「夏休みこどもびじゅつかん ミマクル・ミラクル」、「石子順造的世界―美術発・マンガ経由・キッチュ行」など。
山本浩貴 Hiroki Yamamoto
1986年生まれ。一橋大学社会学部、ロンドン芸術大学チェルシー・カレッジ・オブ・アーツ修士課程(MA in Fine Art)卒。現在ロンドン芸術大学CCW大学院博士課程(PhD)に在籍。非欧米圏の現代アートやデザインの研究に特化したロンドン芸術大学付属トランスナショナル・アート研究所(TrAIN)に博士研究員として所属。平成27年度ポーラ美術振興財団在外研修員としてイギリスにて研修。2015年現代美術の研究でBritish Council Japan Association Fellowship取得。近年の展覧会に「他者の表象あるいは表象の他者」 (2015, 京都芸術センター, 京都)、「Quid Pro Quo: Negotiating Futures」 (2014, Changing Spaces, 英国ケンブリッジ)、「The 3rd Ghetto Biennale」(2013, ハイチ共和国)などがある。
粟田大輔 Daisuke Awata
1977年生まれ。美術批評。アート専門のインターネット放送局「comos-tv」の運営メンバー。論考に「書き換えられるシステム」「ポスト消費社会と映像の再生産」などがある。
http://comos-tv.com/
CAMP
CAMPは同時代のアートを考えることを目的としています。アーティストやキュレーター、ディレクター、批評家、研究者、学生などと関わりながら、トークイベントや展覧会、パーティーなどを主に東京で開催しています。
http://ca-mp.blogspot.com/


related posts