パフォーマンス|佐々 瞬[それらの日々をへて、あの日がやってくる]

まだ訪れていない日の日記(もしくはいつか日記になるかもしれない文章)をめぐる、記憶と経験についてのパフォーマンス。

出演:小田原直也/佐々 瞬/記録撮影:加藤 甫

日程:2012年3月10日(土)
開場:18:00 開演:19:30
一般:1,000円/学生:800円





※軽食:インゲンの胡麻和え、ニンジンご飯


昨年の3月14日~19日、東日本大震災の直後に佐々瞬の展示とパフォーマンスが行われた。パフォーマンスと言っても、実際は作家とお客さんが、その時の気持ちをお互い話し合うというものだった。あれから1年、あらためて佐々瞬をお招きして。作家のその後の展開と今を見つめる。([blanClass +mail vol.123]より)


佐々 瞬 Shun SASA
1986年生まれ。東京で活動中。2009 東京造形大学美術学科絵画専攻卒業。主な個展に、「それについて」(TAKE NINAGAWA/2009年)「それについての話,それらの行方」(blanClass/2011年)。グループ展に、2009年「No Man’s Land」(在日フランス大使館・東京)、2010年「camaboco」(東京造形大学・東京)などがある。
http://www.sasashun.com/


related posts