レクチャー|伊東 乾[〈かぎろひ〉を聴く/余韻を観る ─音と光の共感覚─]

美術作品は一様に明るい蛍光灯や電灯の光の下で観なければならないのか? 能舞台に蛍光灯が埋め込まれているのは技芸の自殺行為と思う。常に「かぎろひ」揺れる炎が止まることを知らない「和ろうそく」の光の元でいくつかの試みを行いたい。日常的な定常光と揺れる炎の下で、同じ音は果たして同じ響きに聴こえるか? 或いは音の変化は視覚に影響を及ぼさないか? 時空の体験という観点から音と光の相互浸潤を感じ考える場を持ちたい。

協力:多治見智高

日程:2010年5月29日(土)
開場:18:00 開演:19:30
一般:1,500円/学生:1,300円







※軽食:もち米鶏飯


伊東 乾 Ken ITO
作曲家・指揮者。1965年1月27日東京生まれ。演奏・研究アンサンブル・ベルリン ラオムムジ―ク コレギウム芸術監督。


LINK
《かぎろひ》を聴く/余韻を観る ─音と光の共感覚─|小林晴夫(blanClass+column, 2010-05-26)


related posts