アートマラソン[ステューデントナイト vol.1]

これからのARTを担う最若手のアーティストたち、現役学生が参加するステューデントナイト第一弾を決行します。

長谷部敬矢 [ビデオパフォーマンス](東京綜合写真専門学校)
Pmeet(大町 碧/サトウトシ子)[毛運動シアター](東京綜合写真専門学校)
女子美術大学Sゼミ Sproject(田形麻実/荒木美由/池田可奈子/高山真衣/多胡裕子/木下奈津子/三分一穂波)[女子美大生の心の叫び](女子美術大学)
A子とB子(松本真幸/松尾浩子)[アルファベットバスケット(A~Gバージョン)](東京造形大学)
佐藤玲子[器](武蔵野美術大学)
早川祐太[パフォーマンスします](武蔵野美術大学)
芳賀龍一[work](武蔵野美術大学)


日程:2010年1月30日(土)
開場 :15:30 開演 :16:00
入場料:500円



長谷部敬矢[ビデオパフォーマンス]
ビデオカメラで撮った映像をプロジェクションして、その映像を撮っている状況を再現する。ビデオカメラを使って、今、ここに、別の時間と場所を呼び込む試み。



Pmeet(大町 碧/サトウトシ子)[毛運動シアター]
今回、上映する[毛運動シアター]はPmeet初の短編アニメーション集です。一本一本抜け落ちた髪の毛が姿を変えて一つの集合体となり、様々な体験をしていきます。毛が動くという様子を見て思うことは様々ですが、何か感じてもらえたら幸いです。


女子美術大学Sゼミ Sproject[女子美大生の心の叫び]
参加:田形麻実/荒木美由/池田可奈子/高山真衣/多胡裕子/木下奈津子/三分一穂波


A子とB子[アルファベットバスケット(A~Gバージョン)]
来場者は、A子B子C子…G子、A太B太…G太という名札をランダムに受け取ります。
基本ルールはこのアルファベットでやるフルーツバスケット。しかし椅子はバラバラに置かれています。それから椅子には何かの指令が……
さぁ、この日、あなたは誰ですか?


佐藤玲子[器]
靴が並んでいる、ストーブが熱気を放っている、本棚は天井まで届く、窓は閉じていて、月はひとつ浮かんでいる。
石やガラスによる立体制作を行ってきました。「その場所の姿を、遠くから見る様に」ある環境がその中で交換していることをどこかで感じたいと思います。

映像なし
早川祐太[パフォーマンスします]


芳賀龍一[work]
音楽にあわせて泥団子をぼくがバット的なもので打つ、泥が飛び散る。





※軽食:おにぎり、豚汁、お新香


Pmeet(大町 碧+サトウ トシ子)
Pmeet(ピーミート)とは大町 碧・サトウトシ子の二人でアニメーションを中心に作品をつくりあげているユニットです。主に髪の毛を使ったアニメーションの制作を行っています。
2008年2月「東京綜合写真専門学校卒業展|カミングアパート」、2009年10月 横浜国際映画祭CREAM|公募展「うちにもってかえろう!アンデパンダン展」。

女子美術大学Sゼミ

A子とB子
二人は、大学で出会い、仲良くなりました。二人は、一緒に学び、遊び、それから旅をたくさんしました。次の春から、二人はルームシェアを始めます。自分たちの今まで一緒に過ごした時間のこと、今のこと、これからのことは二人にとってごくあたりまえ。二人はけれどその時間と経験を作品にします。

松本 真幸 Masaki MATSUMOTO 
1985年埼玉県。2004年埼玉県立伊奈学園高等学校普通科芸術コース(美術)卒業。東京造形大学 造形学部 美術学科在学中。活動に、2006年東京造形大学内学生運営スペース「node」にて、東京造形大学学生自主展示CSにてグループ展、「case by 8」展(清水哲朗ゼミ主催・南大沢文化会館・2009)、シンポジウム「つくること=みること?!~表現×人間×哲学、全てがKIASUMAする場~」司会担当(東京造形大学内・ゲスト:小林晴夫、森田浩彰/清水哲朗ゼミ主催・2009)、松本真幸・松尾浩子「traveliving」(東京造形大学学生自主展示CS・2009)にてを発表がある。

松尾 浩子 Hiroko MATSUO
1988年東京都生まれ。1998年福岡県福岡市に転居。福岡女学院高校普通科卒業。東京造形大学造形学部美術学科在学中。活動に、2006年東京造形大学内学生運営スペース「node」にて、東京造形大学学生自主展示CSにてグループ展、「case by 8」展(清水哲朗ゼミ主催・南大沢文化会館・2009)
、シンポジウム「つくること=みること?!~表現×人間×哲学、全てがKIASUMAする場~」司会担当(東京造形大学内・ゲスト:小林晴夫、森田浩彰/清水哲朗ゼミ主催)、松本真幸・松尾浩子「traveliving」(東京造形大学学生自主展示CS・2009)にてを発表がある。

佐藤 玲子 Reiko SATO
1985年神奈川県生まれ。2007年武蔵野美術大学造形学部彫刻学科卒業。2009年武蔵野美術大学大学院造形研究科美術専攻彫刻コース在籍。グループ展に、「Art program Ome 2009-PREMIUN OME」(青梅市街・東京・2009)「美しい誤読」(武蔵野美術大学・東京・2009)がある。

早川 祐太 Yuta HAYAKAWA
1984年岐阜県生まれ。2004年武蔵野美術大学視覚伝達デザイン科入学。2006年同大学彫刻学科編入。2008年武蔵野美術大学彫刻学科卒業。2008年武蔵野美術大学修士課程造形学部彫刻学科在籍。グループ展に、「5th Dimension」(フランス大使館・東京・2010)、「美しい誤読」(武蔵野美術大学・東京・2009)、「from/to#5」(WAKO WORKS OF ART・東京・2009)、「NO FUTURE”, NO FUTURE」(Art Center Ongoing・東京・2009)、「Re:Membering – The Next of Japan」(Alternative Space LOOP・ソウル・ 韓国・2009)、「ほんとうに好きな事してますか?」(madogiwa・東京・2009)、「アートプログロラム青梅—ポストシアター」(青梅市街・東京・2008)、「Cowパレード 2008」(丸の内・東京・2008)、「plastic trees / ceramic girl」(CAMP/Otto Mainzheim Gallery・東京・2008)、「Musashino Art University Degree show2007」(武蔵野美術大学2-101 ギャラリー・東京・2008)、「小平野外彫刻展」(小平中央公園・東京・2006)、「曖昧な居場所”」(武蔵野美術大学・東京・2006)、「10-310」(武蔵野美術大学10-310 ギャラリー・東京・2006)、「HOME TOWN」(アートピア付知・岐阜・2005)、「oto」(アートピア付知・岐阜・2004)がある。


芳賀 龍一 Ryuichi HAGA
1984年福島県生まれ。2008年武蔵野美術大学造形学部彫刻科卒業。2008年武蔵野美術大学大学院造形研究科美術専攻彫刻コース在学。グループ展に、「NO FUTURE”, NO FUTURE」(鈴木光、芳賀龍一、早川祐太・ongoing・東京)、「Xmas展」(ongoing・東京)、「アートプログラム青梅-ポストシアター」(青梅市街・東京)、「10 years after…」(鈴木光×芳賀龍一・Otto Mainzheim Gallery・東京)、「武蔵野美術大学卒業制作展」(武蔵野美術大学・東京)がある。


LINK
blanClass+column|公開インタビュー(2010-01-27 )


related posts