中村達哉ダンス・ワークショップ

[かかわりをおどる]3 month ワークショップ 参加者募集!!

2013年11月〜2014年1月・日曜日+祝日・全15回

難しいテクニックは必要ありません。楽しみながら、より自由な視点から“かかわりの方法”を編み出していきましょう。 なにげない日常のなかから、動くための状況を見つけ出し、深めていくためのダンス・ワークショップ。 表現に必要な身体づくりから始めて、創作~発表までのプロセスを、3ヶ月の期間を使って丁寧に行っていきます。

 

 

かかわりを踊る|中村 達哉
踊ることは、プライヴェートな欲求に基づくものでありながら、同時に他者に開かれた社会的なできごとでもあります。  今回は、「自分と身体」「自己と他者」「私たちと、私たちのまわりにあるもの」、それぞれのあいだにあるものを見つめ、丁寧に拾い上げ、ルールを共有しながら様々なシチュエーションを遊んでいきます。3ヶ月というまとまった期間を通して、“この場でしか起こらないダンス”を作ることができればと考えています。

○からだをつくる
“曲げる”“伸ばす”“ねじる”など、背骨の流れを意識したボディワークを実践します。呼吸と合わせて、無理なく関節の可動域を広げていきます。どんな動きにも対応できるような、体の中心から動く感覚を身につけましょう。

○シーンをつくる
モチーフを共有してみんなで動きをつくったり、他者とのかかわりから生まれる動きを探ることで、身体の意外な表情を発見していきます。さらに、それが「見える動き」であるためには何が必要かを考えていきます。またスタジオ周辺の街を散策し、映像や写真、文字などの記録メディアを用いて「場所とのかかわり」を作っていきます。

○発表する
創作の過程で出てきたモチーフを小さなシーンに発展させて、発表してみましょう。
振付の提示やサイトスペシフィックなもの、映像や写真をドキュメントとして発表するなど、表現の形式は自由です。ダンスを見せるための方法について、皆さんそれぞれのアプローチができればと考えています。(発表は、blanclassにて毎週土曜日に行われているLive Artの枠で行います。詳細は11月頃に決定。)

 

日程:11月3日(日)、4日(月)、10(日)、17日(日)、24日(日)

12月1日(日)、8日(日)、15日(日)、22日(日)、23日(月)

1月12日(日)、13日(月)、19日(日)、26日(日) 2月1日(土)→発表の日。

(12月29日、1月5日はお休み、2月1日は発表)

場所:blanClass

時間:毎週日曜日・祝日 13:00-16:00

定員:20名応募者数が多い場合は2部制にします。(2部:18:00-21:00)

申込金:7,000円

受講料:38,000円(別途資料代など実費がかかる場合があります)

参加資格:身体を使って表現する事に興味がある方(ダンス経験は問いません)。

申込み方法 講座の要項を了承の上、応募用紙をダウンロード、必要事項を記入の上 info@blanclass.com まで送信し、指定の銀行口座宛に、全額か申込金のみを振込んでください。入金が確認でき次第、手続き完了となります。(申込金のみを選択した方の場合、講座1回目までには授業料をお支払いください。PDF版の場合は郵送でも受け付けます。)

 

申込書ダウンロード(PDF版)

申込書ダウンロード(Word版)

 

銀行口座 三井住友銀行 横浜駅前支店 (普通)8895910 blanClass(ご自分のお名前を忘れずに入れてください)
問合せ・申込先:blanClass 〒232-0006 横浜市南区南太田4-12-16-2F E mail info@blanclass.com

 

中村 達哉 Tatsuya NAKAMURA(ダンサー)
1998年より現在まで、ダンスカンパニー「イデビアン・クルー」に参加。パフォーマンスシアター「水と油」の作品や、山下残の作品などに出演。またミュージシャンのPV出演や、美術家とのコラボレーションも多数行っている。2010年、2011年STスポット主催「ヨコラボ」集団創作コースリーダー/オブザーバーを担当。2013年自作のソロ作品として「そこから眺める」を発表。

 

中村達哉とblanClassについて
blanClassは毎週土曜日にワンナイトイベント+公開インタビュー「Live Art」に加え、平日の夜に眞島竜男、杉田敦、CAMPによる、トークやレクチャーのシリーズ「月イチ・セッション」を展開中。SNSなどを積極的に活用しながらその場で起こる作品未満の行為、発言、発信をオルタナティブに摸索している。 blanClassでの中村達哉は2010年以来、5回の出演のうち4回はダンサー、美術家、映像作家など、いろいろな形式のアーティストとのコラボレーションだった。blanClassに限らず、BankARTのレジデンス・アーティストとしても、それまでに獲得してきた自らの身体言語を維持しつつ、ダンスとは異なる言語で思考するさまざまアーティストとの対話を積み重ね、1つ1つの場を共有しながら、道場破りのようにコラボレーションを決行してきた。 そればかりか普段から、からだごと目のようになって、いろいろに仕掛けられた表現を、あるいは目の当たりにする風景を、ほどくように吸収してきた。そうやって何年か越しに課してきた、静かなトレーニングの成果は今年の2月にSTスポットで発表されたソロワーク「そこから眺める」に結集されている。 今回のblanClassでのワークショップは、中村達哉がさまざまなアーティストとの交流から発見した「見るものの脳に直接働きかける」特異な技と、からだを使って考えてきた経験とを最大限活かして、頭とからだを柔らかくして“かかわりの方法”を探っていく冒険です。

 

問合せ・申込先:blanClass

〒232-0006 横浜市南区南太田4-12-16-2F

E mail info@blanclass.com


related posts