★@引込線2017
実地調査|おしゃべりスポット実行委員会(奥 誠之/宮澤 響/橋場佑太郎)


立ち止まってしゃべるためには、そのための場所が必要だ。隣で作品を鑑賞している見ず知らずの人にしゃべりかける。「麦茶を飲みながら少し話しませんか?」と。
「おしゃべりスポット実行委員会」は引込線の会期中に2回、立ち止まっておしゃべりできるスポット「おしゃべりスポット」を設置するための調査を来場者の方々とともに行います。その調査をもとにMAPを作成し、9月18日に完成版のマップを配布する予定です。同日はMAP完成を記念して麦茶センターを設置し麦茶を無料で提供します。


調査日:2017年9月11日(月)・15月(金)10:00〜17:00(途中参加、途中退場自由)
完成MAP配布日:9月18日(月・祝)10:00~17:00
場所:引込線2017展覧会場内(埼玉県所沢市中富1862-1 旧所沢市立第2学校給食センター)
アクセス: http://hikikomisen.com/2017/access.html





奥 誠之 Masayuki OKU
1992年東京都生まれ。2014年、武蔵野美術大学造形学部油絵科を卒業。現在、東京藝術大学大学院美術研究科に在籍。個展に「南洋のライ」(art center ya-gins、前橋、2014)、また主なグループ展に「感性の法則」(MAKII MASARU FINE ARTS、東京、2016)などがある。

http://www.okuart.com/

宮澤 響 Hibiki MIYAZAWA
1992年東京都生まれ。2014年東京綜合写真専門学校卒業。主な展覧会に「Worry about the human eye」(space6・神奈川・2011)「noise」(space6・神奈川・2012)「BC写真大学修了展」(BankART Mini・神奈川・2013)「第3回イドガヤ・ビエンナーレ(blanClass・神奈川・2014 – 2017)などがある。現在はblanClassにてスタッフとして撮影などを担当するほか、アーティストから依頼を受け様々な撮影を手がけている。

橋場 佑太郎 Yutaro HASHIBA
1995年神奈川県生まれ。2017年、武蔵野美術大学造形学部芸術文化学科卒業。卒業論文、『技能実践家としてのアーティスト 白川昌生を求めて』を執筆。現在、自主的に『コミック:D.T.』を季刊で編集、出版している。


「引込線2017」公式HP



related posts