映画|伊藤丈紘[Out there 編集ラッシュ上映・経過報告会]

海を隔てたふたつの島、その可能性と喪失のなかで生きた人々の記憶の物語。

主人公はひとりの台湾人青年である。

彼は台湾と日本で暮らし、そこで幾つかの声に出会う。
私たち/彼らたちにあり得たかもしれない場所、歴史、夢。

青年は聞こえぬはずの声に導かれ、過去と現在が交わる時間のなかを彷徨い、やがて帰り道を失う。

〈イベント内容〉
 2013年より撮影が始まり、台湾と日本を舞台にblanClass協力のもと製作された映画『Out there』。昨年、横浜にてすべての撮影を終えた本作は、今現在も編集が続き、2015年完成予定としている。そんななか、今回は撮影前に準備されたシナリオ構成をもとに、映像・音声ともに未処理のまま仮編集されたラッシュ上映を行う。

 ひとりの台湾人青年を主人公に、彼が暮らした台湾と日本をめぐるドキュメンタリー映画として開始された本作が、その後2年近くにわたり、どのような変遷のもと撮影され、そこに物語が生まれていったのか。本作が辿った撮影プロセスそのものを体験して頂ける、blanClassならではのイベントとなる。今回は、完成作品には収めきれない、これまでに撮影されたインタビューや記録映像など、数多くの素材が残されたまま上映される。完成途上でしか触れることのできない多様な声と風景のなか、作品が呼吸してきた時間をあらためて見つめる機会となるだろう。

日時:2015年3月28日(土)
開場:18:00  上映:18:30
(インターミッションあり。終了予定:23:00)
アフタートーク第一部(web配信予定) :23:30 〜 24:30
伊藤丈紘(監督)× 小林晴夫(blanClass)
アフタートーク第二部 : 24:30 〜参加自由
※途中入退出自由
入場料:1,500円(ワンドリンク・軽食付き)

Out there 作品クレジット
監督:伊藤丈紘
脚本:伊藤丈紘/馬 君馳
撮影:佐々木靖之
録音:藤口諒太
助監督:栗本慎介

主催:EYES FILMS .LLP
共催:blanClass
協力:台北市映画委員会
助成:ACYアーツコミッション・ヨコハマ(平成26年度 創造都市横浜における創造的活動支援助成)



伊藤丈紘 Takehiro ITO
映画監督。1984年宮城県仙台市出身。2009年横浜国立大学大学院修了。2011年東京藝術大学大学院映像研究科映画専攻修了。在学中より映画批評誌『NOBODY』などに文章を寄稿。主な監督作品に、『MORE』(2011)、『ZERO NOIR』(2010)などがある。



related posts