作品制作/ディスカッション/作品展示|早川祐太×高石 晃[二つの体、約百二十兆の細胞]

彫刻家、早川祐太と画家、高石晃が作品の生成を机上で促しあう。企画 早川祐太

細胞一個一個が同時並列で行動為合う日々の制作を倍に広げてみる。六十兆であれ百二十兆であれ、統率することは目的ではない。それがなんなのかはとりあえず置いておいて、はなくそみたいにアウトプットしたいと思う。あ、はなくそも元自分であることは忘れてはいけないけども。はなくそ、作ります。はなくそができるスピードで。

※20:30ころ展示完了を目標にしています、13:00から作品制作ディスカッションをしていますので早い時間からの来場も歓迎です。差し入れ画材、素材歓迎します。


日程:2014年9月20日(土)13:00〜20:30(20:45〜公開インタビューの予定)
入場料:1,300円(ワンドリンク)
※軽食(無料)もご用意しております。







早川祐太 Yuta HAYAKAWA
1984年岐阜県生まれ。主な個展、2013年「 i 」 HAGIWARA PROJECTS, 東京、2010年「複合回路Vol.2 早川祐太」 gallery αM, 東京など。主なグループ展、2013年「: No Subtitle」HAGIWARA PROJECTS, 東京、「re-mix / ボトルシップ・ラプソディー」プラザ・ギャラリー、東京、「5th Dimension」 フランス大使館旧庁舎, 東京2009年「from/to #5」 Wako Works of Art, 東京年、「Re:Membering – The Next of Japan」 Alternative Space LOOP,ソウル、韓国など。

http://www.hagiwaraprojects.com/artists/yuta_hayakawa/index.php



高石 晃 Akira TAKAISHI
1985年神奈川生まれ。主な個展、2013年「シャンポリオンのような人」児玉画廊東京。主なグループ展に 2011年「VOCA展 2011 現代美術の展望―新しい平面の作家たち」上野の森美術館、2012年「森啓輔企画 vol.1 絵画のPoly-morphology」switch pointなど。

http://www.akiratakaishi.com/



2014/9/16/早川祐太×高石 晃/blanClass放送室


related posts