公開撮影|小林耕平[このほうきはあなたであり、そして順序もあるので、はき出すことで並べ換え、語ることもできる。]

作者は自分の作品にことばによって見方を示すことができます。それは、ひとつには作者の理想であり、他人から見ると作者の思い込みのようにも受け取れます。「作品の見方を示すことば」を作ることを試みたいと思います。
このパフォーマンスでは、わたしの立体作品をゲストにプレゼンテーションする様子を、公開撮影という形式で来場者に観て頂く予定です。そして、撮影された映像は今後、立体作品をプレゼンテーションする映像作品として展示する予定です。

ゲスト:山形育弘(core of bells)/立体作品:尾竹隆一郎(美術家)/カメラ:池田武史(core of bells)/協力:Artists’ Guild

日程:2012年4月21日(土)
開場:18:00 開演:19:30
一般:1,200円/学生:1,000円







軽食(無料)は「豆おこわ、春ニンジンの塩もみサラダ


小林耕平は近年、作品をある男性に解説するという、映像と立体の両方を示している。映像を前提にした立体の仕掛け、それを前提に成り立っている映像、作者と観客の関係には、嘘と本当がちょうど良くバランスしている。今回はライブ(撮影の裏側)、作者がもう一人(尾竹隆一郎)加わり、一層複雑に展開。([blanClass +mail vol.129]より)


小林 耕平 Kohei KOBAYASHI
1974年東京生まれ。2006年「第3回府中ビエンナーレ:ポストバブル世代の7人」(府中市美術館・東京)。2007年「六本木クロッシング2007:未来への脈動」(森美術館・東京)。2009年「ヴィデオを待ちながら―映像 60年代から今日へ」(東京国立近代美術館・東京)。2011年「PLATFORM 2011」(練馬区美術館・東京)などに参加。
山本現代 http://yamamotogendai.org/
Artists’ Guild http://artists-guild.net/

尾竹隆一郎 Ryuichiro OTAKE
1983年富山県生まれ。2010年武蔵野美術大学大学院油絵科卒業。2010年丸の内アートアワード参加。2011年アートラインかしわ「GOD HAND展」参加。2012年「HOME ALONE」(赤羽史亮×尾竹隆一郎 二人展)。2012年「F.E.Sー栗原良彰のfantastic eccentric
show with どくろオールスターズ」参加。

core of bells
2003年湘南で結成。カテゴライズ不能の自由極まりないサウンドと一見「非?音楽」とも思えるアイディアでその音楽性を揺らがす5人組。2010年にリリースした1stアルバム「ボトルキープ2010」や、FUJI ROCK FESTIVAL’10「ROOKIE A GO-GO」でのライヴが話題を呼んだほか、ギタリスト・杉本拓との合作アルバム「gesupiria2 ― LostBanchos―」のリリース、美術家・小林耕平とのパフォーマンスを収めたDVD「PRECIOUS TIME ONLY YOU」のリリース、ワークショップなど、その横断的な活動はほかに類を見ない。


協力 |


LINK
blanClass放送室↓
2012.4.16 小林耕平


related posts