ヴォイスギャラリーより2017年1月・2月展示のご案内

皆様
平素はお世話になりまして、誠にありがとうございます。
2017年最初の展示をご案内申し上げます。
寒い時期ではございますが、ご来場いただけましたら幸いに存じます。

今年も、ギャラリーの内外で多くの方と面白い活動を目指したいと思います。
なにとぞよろしくお願いいたします。

MATSUO MEGUMI+VOICE GALLERY pfs/w
http://www.voicegallery.org/exhibition_event.php

⌘1月19日(木)・20日(金)・21日(土)、26日(木)・27日(金)・28日(土)[ 再展示・予告展示 again and upcoming ]

松本和子 “ Transparent dialogue “ 2017年・漆喰に顔料、ブオンフレスコ技法、スタッコ技法・59×59cm

⌘2月11日(土)~25日(土) 小谷真輔個展 ” happening “ (絵画)

小谷真輔 “guise” 2016年・キャンバスに油彩・22.7×22.7cm

松尾惠・Matsuo Megumi
megumimatsuo@voicegallery.org

〒600-8061
京都市下京区富小路通高辻上る筋屋町147-1
phone.075-341-0222
www.voicegallery.org
147-1,Sujiya-cho,Shimogyo-ku,
Kyoto 6028061

橋本 聡「橋本 聡:世界三大丸いもの:太陽、月、目」ご案内:1.20.金-

橋本 聡 世界三大丸いもの:太陽、月、目

青山|目黒
2016年1月20日(金)-2月19日(日)
パフォーマンス: 1月21日(土) 18:00-
レセプション: 1月21日(土) 19:00-21:00

自身に塗れ(黒)、2016(2011)、自身の身体を塗装することができる。カラースプレー缶、指示書、来場者

2016年1月20日(金)-2月19日(日)
パフォーマンス: 1月21日(土) 18:00- レセプション: 1月21日(土) 19:00-21:00
Open : 水-土: 12:00-19:00 日: 12:00-18:00
(定休日:月曜・火曜・祝日)

【イベント情報】※webにて随時更新
・An Apple (Tell, Newton, Cinderella):
1.21 (土) 18:00-

・水を撒く Sprinkle Water:
1.22 (日) 14:00-17:00

・隠す/探す(屋内) Hide/Look for (indoor):
1.22 (日) 17:00-

・隠す/探す(屋外) Hide/Look for (outdoor):
1.29 (日) 15:00-

Details »

再来せよ、マンガの時代。 ゲンロン ひらめき☆マンガ教室 第 1 期


株式会社ゲンロンでは、2017年4月より
マンガ家の西島大介氏、批評家・マンガ原作者のさやわか氏を監修者に迎え、
マンガ家育成のためのスクール「ゲンロン ひらめき☆マンガ教室」を立ち上げます。

ゲスト講師には
今井哲也、江口寿史、こうの史代、コヤマシゲト、師走の翁、田亀源五郎、
TAGRO、武富健治、ヤマシタトモコ、横槍メンゴ各先生ほか、
いまをときめく一流のマンガ家の先生方をお招きします。

受講生は先生方の出される課題に従って16ページのネームを準備し、ネット上に提出。
授業では、講義のほかに、その中の上位者のネームを丁寧に講評します。
また、優秀作に選ばれた受講生は、このネームをもとにペン入れした完成稿を準備し、
こちらも講評を受けることになります。
また、4回の特別講義では、「世界観」や「キャラクターデザイン」など、
漫画家に欠かせない個別の事項のスペシャリストをお招きし、じっくりと講習を受けます。

実施期間: 2017 年 4 ⽉月 1 ⽇日〜~2018 年 3 ⽉月 31 ⽇日
  会場: ゲンロンカフェ 141-0031 東京都品川区⻄西五反⽥田 1-11-9 司ビル 6F 講師: 主任講師 さやわか、西島大介
ゲスト講師 今井哲也、江⼝口寿史、こうの史代、コヤマシゲト、師⾛走の翁、⽥田⻲亀源五郎、
    TAGRO、武富健治、ヤマシタトモコ、横槍メンゴほか 定員: 30名
募集期間: 2016 年 1 ⽉月 17 ⽇日〜~2017 年 2 ⽉月 28 ⽇日
Details »

【XYZcollective / THE STEAK HOUSE DOSKOI】2017,01,22(SUN) – 02,19(SUN)

Sylvanian Families Biennale 2017 / XYZcollective

Opening Reception : 1.22(Sun) 14:00 ~ 18:00
Open on : Thu,Fri,Sat and Sun 14:00 -19:00
@ XYZcollective (2-13-4-B02 Sugamo , Toshima-ku , Tokyo)
curated by 井出賢嗣 Kenji Ide

Artist : 磯谷博史 Hirofumi Isoya / 井出賢嗣 Kenji Ide / 今津 景 Kei Imazu / 臼井 良平 Ryohei Usui / 碓井ゆい Yui Usui / 大野晶 Hikari Ono / 千葉正也Masaya Chiba / FM (福永 大介& 松原 壮志朗) (Daisuke Fukunaga & Soshiro Matsubara) / 万代洋輔 Yosuke Bandai / 平山昌尚 Masanao Hirayama / 眞島 竜男 Tatsuo Majima / 和田昌宏 Masahiro Wada / Workstation.

協力:AOYAMA|MEGURO, ShugoArts, TARONASU, Tomio Koyama gallery, 無人島プロダクション, 山本現代
Details »

[ WISH LESS gallery ] UPCOMING exhibition


小笠原 徹 個展「メトロイド」
2017年1月21日(土) 〜 2月19日(日)
水木金 16:00〜21:00/土日 12:00〜19:00/月火 休み(最終日18時終了)
会場:WISH LESS gallery (東京都北区田端5-12-10)
▶︎オープニングレセプション:1月21日(土) 18:00〜20:00

WISH LESS galleryでは、鋭い感性と絶妙なユルさで人気のイラストレーター、小笠原徹の個展を開催いたします。
本展ではコラージュ、ペインティング、ドローイングなどを自在に混成させた、多彩で野性味溢れる新作を中心にご紹介いたします。

「メトロイド」
脳内は無限の宇宙である。
記憶の層(SOU)を再構築。
スタイルがあって、スタイルがない。
それが僕のスタンスである。
同名ゲームは未だプレイした事はない。
記憶の層には刻まれている。
Details »

Gallery t より展覧会のご案内 | 加藤 直樹 個展 FIRST SOLO EXHIBITION

Gallery t より展覧会のご案内

加藤 直樹 個展 FIRST SOLO EXHIBITION
“2013-2016 years of flash”
2017年1月28日(土) – 2月4日(土)
11:00 – 19:00 ※最終日は17:00まで/ 月、水曜日 休廊※本展のみ / 入場無料

■オープニングパーティー:1/28(土) 17:00-19:00
■トークイベント:1/29(日) 14:00-15:00
加藤氏とモデルの後藤あゆみ氏によるトークイベントが開催されます。(入場無料)

このたび、TOHO BEADS STYLE Tokyo Gallery t では、加藤 直樹 個展“2013-2016 years of flash”を開催いたします。

本展は、独創的な視点で視覚の冒険を追い続ける写真家、加藤直樹氏が2013年から2016年の4年間にかけて撮りためた個人作品(Personal Work)を一つにまとめた初個展となります。今回の作品群は、フォトグラファー、ヘアメイク、モデルらが共同して製作を行う「作品撮り」という形態で全て作られています。作品一つ一つにはそれぞれオリジナルのテーマやストーリーがあり、それに合わせた撮影方法、ライティングやセットメイキングなどが加藤氏のディレクションにより行われています。真っ白な空間に展示された、色鮮やかで不思議な世界を大判プリントでぜひ体感してください。

是非この機会にご覧ください。
皆様のご来場を心よりお待ちしております。
Details »

1月展覧会のお知らせ | Gallery 工房 親

春 韻

2016.1.13 FRI – 1.29 SUN
OPEN 12:00    CLOSE 19:00
月・火曜日休廊  / 日曜・最終日 18:00 CLOSE
OPENING PARTY:2017年1月14日(土) 15:00~17:00

ARTIST
架菜梨案  小林 翼  鈴木敦子  清田悠紀子  堀部由佳子  渡邊 光

春韻展は工房親の毎年春の先駆けとして正月最初の企画展です。
華やかな女性たちのグループ展です。

架菜梨案は現在パリ在住。パリから作品が届く。
小林翼は常に実験的な作品で新しい試みが楽しみだ。
鈴木敦子は思い出の桜をテーマに制作している。
清田悠紀子はここのところ意欲的に発表を続けている。
堀部由佳子は本の装丁など活動の幅を広げている。
渡邊光は昨年東京芸大を卒業後の制作発表として彼女の変化を期待。

以上平面作家として活躍中の作家6名の作品をご紹介します。

一年のはじまり、皆さまお忙しいことと存じますが
是非ご来場、ご高覧くださいませ。

Gallery 工房親 代表 馬場隆子

Gallery 工房 親
〒150-0013 東京都渋谷区恵比寿2-21-3
TEL / FAX 03-3449-9271  E-mail info@kobochika.com  http://www.kobochika.com/

[TARO NASU] 榎本耕一 “ストーン”

次回展覧会のお知らせ

榎本耕一|Koichi Enomoto
「ストーン」
2017年 1月 14日(土)-2月 10日(金)
火-土 10:00-18:00 日月祝 休
*Reception for the Artists: 2017年1月14日(土)18:00 – 20:00
展覧会詳細>>
Koichi Enomoto
ストーン
(C)Koichi Enomoto courtesy of TARO NASU

Details »

ゲンロン カオス*ラウンジ 新芸術校第3期募集

ゲンロン カオス*ラウンジ 新芸術校第 3 期プレスリリース 2017.01.10 ゲンロンスクール
かつてこの国には、現代美術があった。 ゲンロン カオス*ラウンジ 新芸術校 第 3 期

カオス*ラウンジ「鬼の家」より、梅沢和木のインスタレーション

2017 年 4 月、「ゲンロン カオス*ラウンジ 新芸術校」第 3 期を開講いたします。
新芸術校は、思想家・東浩紀が運営する株式会社ゲンロンが、2015 年に立ち上げたアートスクー ルです。
美術批評家の黒瀬陽平さんを主任講師に、会田誠さん、椹木野衣さん、岡田利規さん、宮 台真司さんら、多彩なゲスト講師をお迎えして、美大とは異なる形で美術家を育成してきました。 第 1 期の最終講評会で優秀賞を受けた弓指寛治は、2016 年、ワタリウム美術館地下のギャラリー、 オン・サンデーズで個展デビューを果たし、また『美術手帖』2016 年 12 月号の特集「あなたの知 らないニューカマーアーティスト 100」で取り上げられています。ほかにも、新芸術校生は、東京・ 住吉の民家を舞台に「バラックアウト」展(2016 年)を開催するなど、活躍の場を広げています。
2017 年度の新芸術校は「展示」を中心に据えたプログラムになります。本プログラムでは、基本 となる「展示指導」を軸に、前期は展示の作り方を学ぶ座学の「理論」、後期は実践となる「展覧会」 「講評」を組み合わせて授業スケジュールが組まれています。また、「ツアー」の授業で、実際に美 術館やギャラリーに足を運び、現代美術の現場を見学します。
 Details »

アートスペース・モデルルームより展覧会のお知らせ

アートスペース・モデルルームより展覧会のお知らせです。

この度、2017年1月18日から1月29日まで、吉祥寺Art Center Ongoingにおいて、
モデルルームの企画として宇吹新個展「Dizzy」を開 催いたします。つきましては、みな
さまにご高覧賜りたく、本状にてご案内申し上げます。

【展覧会概要】
展覧会名:Dizzy
作家名:宇吹新
会期:2017年1月18日(水)~1月29日(土)[月、火休み]
開場時間:12:00~21:00
会場:Art Center Ongoing http://www.ongoing.jp/ja/index.php
   〒180-0002 東京都武蔵野市吉祥寺東町1-8-7
   Tel/Fax : 0422-26-8454 e-mail : info@ongoing.jp
入場料:400円(セレクトティー付き)
企画:モデルルーム

【作家紹介】
宇吹新 Shin Ubuki
1987年広島県生まれ。2011年武蔵野美術大学造形学部油絵学科卒業。
レーザーカッターや3Dプリンターなどデジタル技術とカセットテープなどアナログ技術を
組み合わせた機械仕掛けの作品を制作している。近年の主なグループ展に、2016年
「Long Phenomenon」/Art Center Ongoing、2014年「人間になるための内転、外
転」/児玉画廊、「SLOW DOWN SLOW UP」/モデルルームなどがある。

【イベント情報】
1月21日(土) 19:00~ オープニングパーティ 参加費1000円(軽食+1drink+入場料)
1月28日(土) 18:00~ Art×Geek×Show 参加費1000円(1drink+入場料)
GUEST へボコン夜話:石川大樹(ヘボコン、デイリーポータルZ)、アニポールきょうこ
DJ:ATSUSHI(オントエンリズムストア)
Live:(OnO)
1月29日(日) 15:00~ Pre Ongoing School 参加費1500円(ケーキと1drink付、先着30名)
作家本人による展示作品の解説を交えたレクチャー。
お好きなケーキとお飲物がつきます。

モデルルーム
〒198-0042 東京都青梅市東青梅2-16-16
メール:info@mdlroom.com
HP:http://mdlroom.com

TALION GALLERYより スティーブ・ビショップ個展「What Would It Be Without You」のお知らせ

TALION GALLERY
-

スティーブ・ビショップ 個展
「What Would It Be Without You」
-
2017年1月14日(土) – 2月12日(日) 11:00-19:00 月火祝休廊
オープニングレセプション:1月14日(土)18:00-20:00
-
タリオンギャラリーにて、 スティーブ・ビショップの日本初個展「What Would It Be Without You」を開催いたします。
是非ともご覧くださいますよう、よろしくお願い申し上げます。

ロンドンを拠点に、近年はヨーロッパ・アメリカの各都市での個展やアートバーゼル・ステイトメントでのソロプロジェクトでも注目を集める1983年生まれのスティーブ・ショップは、変動期を迎えつつあるロンドンのアートシーンにおいて、新たな傾向を体現する一人と目されています。個人的でひそやかな記憶の領域と、そこに侵入するかのような象徴的トリガーが埋め込まれた映像・音響作品やインスタレーション作品を手がけ、アイデンティティの連続と断絶、懐かしさとよそよそしさ、自己と他者を包摂する空っぽの場所としての記憶や空間のハイブリディティを表現しています。
アジア圏で初の個展となる本展覧会では、真夜中のキッチンでのひとときを表現するインスタレーションとともに、独自のキャラクター「Chutchie(チュッチー)」をめぐる物語と、セラミック彫刻や平面作品が展示されます。真夜中の起き抜けに、コップ一杯の水を飲みにキッチンに入ったとき、そこに生まれる荒涼とした静寂があります。キッチンカウンターの上には、食べ切ったスパゲッティの皿やワインがほのかな灯りで照らされ、ラジオからは懐かしいような、初めて聞くようなジャズの名曲が聞こえてきます。ぜひご期待ください。
Details »

COBRA / Domestic Fantasy @ Art Center Ongoing

COBRA / Domestic Fantasy
2017.01.06 [Fri] – 2017.01.15 [Sun]
■■■
1.7(Sat)19:00〜
Opening reception & Special project by John Riepenhoff , Sara Caron
■■■
Art Center Ongoing
1-8-7 Kichijoji Higashi-cho, Musashino-city, Tokyo, Japan 180-0002
Tel/Fax : 0422-26-8454 e-mail : info@ongoing.jp

児玉画廊(白金)より展覧会のご案内

糸川ゆりえ「ストリーム」


記:
作家名:糸川ゆりえ (Yurie Itokawa)
展覧会名:ストーム
会期:1月7日(土)より2月4日(土)まで
営業時間:11時-19時 日・月休廊
オープニング:1月7日(土)午後6時より

児玉画廊
〒108-0072 東京都港区白金3-1-15
T: 03-5449-1559 F: 03-5421-7002
e-mail: info@KodamaGallery.com

Details »

[市川孝典 展] ”grace note” のご案内

市川孝典 個展 grace note

市川孝典 個展をES galleryにて2017年1月13日(金)より開催するはこびとなりましたので、ご案内申し上げます。

また展覧会関連企画として、宮下貴裕氏(TAKAHIROMIYASHITA The Soloist.)と松本素生氏(GOING UNDER GROUND)をゲストに迎えオープニングトークイベントを開催致します。

市川孝典/untitled(wood land)/2016/burnt paper/ H2000mmxW1120mm ©Kosuke Ichikawa

会期: 2017年1月13日(金)ー2017年2月3日(金)
開館時間:12:00-20:00 *会期中無休・入場無料
オープニング・レセプション 1月13日(金)19時スタート
会場: ES gallery

東京都渋谷区渋谷2-7-4 elephant STUDIO 2F
Tel 080-4717-0611
http://esgallery.tokyo/
Details »

池田衆 個展 「Reverse/Rebirth」

あけましておめでとうございます。本年もどうぞ宜しくお願い申し上げます。
2017年最初の展覧会、是非ご高覧ください。

池田衆 「Reverse/Rebirth」
2017年1月7日(土)- 2月5日(日)
オープニングレセプション : 1月7日(土)18:00 – 20:00
水曜 – 土曜 12:00 – 19:00 / 日曜 12:00 – 17:00 (営業時間変更しました)
月・火・祝 休


池田衆「Mebius Loop」
2016年、写真・コラージュ、アクリルにマウント、88×88cm

Maki Fine Artsでは、2017年1月7日(土)より、池田衆 個展「Reverse/Rebirth」を開催します。

池田衆は1979年広島生まれ。写真を切り抜くことで、独自の形や空白を画面上に作り出し、絵画と写真の間を行き交う作品を発表しています。これまでの主な展覧会として、「アートがあればII – 9人のコレクターによる個人コレクションの場合」(2013年、東京オペラシティアートギャラリー)など。

Maki Fine Artsでの4回目の個展となる本展では、新作8点を発表します。池田の近年の作品は、カッティングアウト(切り抜き)に加え、コラージュの手法へと技術的な進化を遂げてきました。写真から切り抜かれたピースを集めて、画面上で再構成し、架空の風景を作り出すことが特徴です。新作「Mebius Loop」では、豊洲で撮影した工事現場の一部を切り抜き、画面上部に架空の建造物を形成しています。日々開発が進む東京の「スクラップアンドビルド」のイメージを視覚化しています。是非ご高覧ください。
Details »

Gallery t より展覧会のご案内 |「ヤクーチア、オロンホの国の模様」ロシアのヤクーチア・サハ共和国のキルト展

「ヤクーチア、オロンホの国の模様」ロシアのヤクーチア・サハ共和国のキルト展
会期:2017年1月19日~21日、11時~19時(但し、21日は17時まで)/入場無料


■レセプション パーティー:1/20(金) 15:00-17:00
ヤクート族の歌や伝統的な布の縫い合わせ方と「クィブィティー」というヤクートのキルターズの独特な縫い目の作り方などのデモンストレーションを行います。
ワークショップも同時開催!!(参加費無料、ご予約不要)
ご興味のある方は、ぜひお気軽にご参加ください。

//////////////

このたび、TOHO BEADS STYLE Tokyo Gallery t は、「ヤクーチア、オロンホの国の模様」と題して、ロシアのヤクーチア・サハ共和国のキルト展を開催いたします。

ヤクーチアとは、アジア大陸の北東部にあるロシアの地域で、ロシア連邦を構成する共和国(ヤクーチア・サハ共和国)です(首都はヤクーツク市)。オロンホとは、ユネスコ無形文化遺産に指定された、ヤクーチア族の口伝名作である英雄敍事です。「オロンホの国」とは、ヤクート人がよく使うヤクーチアの愛称です。
本展では、ロシアキルターズ協会の協力で、ヤクーチア共和国の伝統的な芸術作品(伝統的なキルトや刺繍、ビーズのアクセサリー、テキスタイルモザイク、馬道具、民族衣装や女性飾り)を展示いたします。

是非この機会にご覧ください。皆様のご来場を心よりお待ちしております。
Details »

アキバタマビ21 | 第58回展覧会「此処から彼方」


神林優 鈴木余位 山本圭太 行竹亮太 平曜 吉中詩織(サカサマナコ)

  2017年1月21日(土)~2017年3月5日(日)
  パフォーマンス:2017年2月26日(日)〜3月4日(土)
  12:00~19:00(金・土は20:00 まで)、火曜休場
  ※3月5日のみ17時まで

【パフォーマンス】
2017年2月26日(日)~3月4日(土)
    2月26日(日) ①16:00~  ②18:00~
    27日(月) ③18:00~
  3月 1日(水) ④18:00~
  2日(木) ⑤18:00~
  3日(金) ⑥16:00~  ⑦18:00~
  4日(土) ⑧16:00~  全8公演

【イベント】
1月21日(土)18:00~ オープニングパーティー
2月11日(土)16:30~ トークイベント 土屋誠一×星野太
土屋誠一(美術批評家・沖縄県立芸術大学美術工芸学部 准教授)
星野太(金沢美術工芸大学美術科芸術学専攻 講師)

彼方はいつまでたってもやって来ない。
私は右から、貴方は左から、そうやって追いつめても彼方は遠く。
だから此処からサインを出そう。
  さぁ、今日は此処から。

歳をとるのは結構難しい。
昔はどんどん蓄積されていき、今は待ってくれない、
身体だけが時間を的確に刻み体を表現していく。
見えない物を形にしていくのが表現者であるならば、
表現者はすでに表現されていて、そんな人が表現を探求して表現を作ろうとしている。表現、表現、表現、表現…..
こんな表現の連鎖を何処で止めたらいいのかわからないけれど、
とりあえず、今日此処に自分を一つ置いてみる。
「光」をテーマに、インスタレーション、パフォーマンス、写真、詩、といった複数のジャンルにまたがる実験の場として行う展覧会。
Details »

Information from Youkobo Art Space

Youkobo Art Space would like to thank you for your kind support throughout 2016.
We wish a Merry Christmas and happy New Year of 2017!
We will be closed 29th Dec. – 10th Jan.
Thank you and see you in new year!

Youkobo Art Space team

===
Exhibition in January


Franck Lesbros|Naomi Reis|Ryunosuke Goji, Issei Yamagata
2017.01.21 – 01.29
12:00-19:00 (last day till 17:00)
Reception: 01.21 18:00-
more information
Details »

【NADiff Gallery】淺井裕介「この本に描く」

ナディッフ・メールニュース vol.9 no.53

淺井裕介「この本に描く」
2017.01.14[土]ー02.05[日]

EXHIBITION

淺井裕介「この本に描く」
会 期:2017.01.14[土]ー02.05[日]
月曜日定休 ※月曜が祝日の場合は翌日

この度NADiff Galleryでは、画家・淺井裕介の作品集『この場所でつくる』の出版を記念した展覧会を開催いたします。
本展では、この冬に出版された最新作品集にちなんで作られる新作を発表いたします。「本」という物質に着目し、絵画の素材として、印刷物そのものが用いられる作品群となります。大規模な空間での発表が続いた淺井裕介の、新たな作品の表情がご覧頂ける機会となるでしょう。あわせてNADiff a/p/a/r/t店内では、壁画の作品が会期中に滞在制作される予定です。

会期初日には、アーティストトークとオープニングレセプションを開催いたします。
アーティストの鈴木ヒラク氏をお迎えし、絵を描く場所、空間、状況に身を置きながら作品をつくる営みについてお話いただきます。

近年、国内外での大規模作品の発表が続く、注目の若手作家の個展となります。是非ご高覧下さい。
>> 展覧会詳細はこちら
Details »

【渋谷ヒカリエ 8/ ART GALLERY】染谷悠子 展「花のひらく音を聴く」1月11日[水]- 2月6日[月]


染谷悠子展「花のひらく音を聴く」
8/ ART GALLERY/ Tomio Koyama Gallery、渋谷ヒカリエ8階
2017年1月11日(水)~ 2月6日(月)
OPEN:11:00~20:00
入場無料
オープニングレセプション:1月11日(水)18:00~20:00
アーティストトーク:1月11日(水)19:00~

展覧会情報:http://www.hikarie8.com/artgallery/2017/01/yuko-someya.shtml
Details »

online pharmacy no rx prescriptions buy avana No prescription needed on online pharmacies on phone or online order. Purchase our drugs from online pharmacies @!$" buy drugs online enter your Health Record number. Shipped From the US canadian pharmacy \]# order viagra professional on phone or online order. How To Order Product Search FAQ Contact Us Login Page Purchased. Mail order shipping to USA from online pharmacies . After ordering you will always be aware of what's going on with him.