【マキイマサルファインアーツ展覧会のお知らせ 2015.9.14】

マキイマサルファインアーツよりお知らせです
Information from MAKII MASARU FINE ARTS
******************************************************
□■ UPCOMING EXHIBITION ■□

「Metaferenz」
Dodo Schielein ドド・シーライン
Torsten P Bruch トルステン・パトリシュ・ブルッフ
Kenzo Onoda 小野田賢三

2015年9月18日(金)~9月27日(日) ※21日(月)・22日(火)休廊
Last Performance 9月27日(日)15:00-17:00 
http://www.makiimasaru.com/mmfa/archive/2015/0918/index.html

トルステン・パトリシュ・ブルッフ(映像)、ドド・シーライン、小野田賢三(ともにサウンドインスタレーション)。
ドイツと日本で親交ある3名の作家が展示をします。
タイトルは造語で、「超―」「高次な―」意味の “Meta” と、
“ferenz” は「作用しあう、干渉」という意味の “interference” 由来。
3人の独自の個性が、混信し、作用しあい、画廊空間に放たれます。
Details »

information from Youkobo art space

遊工房アートスペースより滞在中のレジデンシアーティストの展覧会をお知らせいたします。
Unknown Complexity

ブリット・ソルト [オーストラリア]
2015.09.25 – 2015.09.27
12:00-19:00
Opening Party 9.26(土)18:00-20:00

東京の一時的な環境と革新的な折り紙を通し、場所の曲折を探求する。紙を折る工程や物質的な適用を基に新たなリサーチを発展させ、これらの動かせる構造物がどのように建築の空間に解釈させられるか熟考する。ソルト氏は、一時性と同時に個体である環境を作り、未知な世界の複雑さを示唆している。そこで、かつては個体の「場」に対し、どう位置を変えて見当をつけるかという問いを鑑賞者に思い浮かばせている。
Details »

【展覧会のご案内】 -Alainistheonlyone- 對木裕里「左みずうみ」


作家名     對木裕里
展覧会タイトル 「左みずうみ」
会期      2015年10月2日(金) – 10月24日(土)
        火-土 11:00-19:00 / 日,月,祝休み
        オープニングレセプション 10月2日(金)18時-20時
会場      Alainistheonlyone / アランイズディオンリーワン
        103-0002 東京都中央区日本橋馬喰町1-9-8 茄子倉ビル1F
Tel 03-5643-0572
HP www.alainistheonlyone.com
お問い合わせ先 info@alainistheonlyone.com
Details »

佐賀町アーカイブよりお知らせ

────────────────────────────────────
佐賀町アーカイブよりお知らせ
────────────────────────────────────

三上浩 硄グリフ展 “QUAUGLYPH”

数多くのアーティストを輩出したオルタナティブ・スペース「佐賀町エキジビット・スペース(江東区佐賀 1983-2000)の活動を検証する佐賀町アーカイブ。2015年の秋は世界各地に於いて石彫シンポジュームを実施し、作品を遺した三上浩のユニークな仕事を取り上げます。1985年の佐賀町のスペースでは巨大な石をギャラリーに運び込み、ひたすら彫り続けて祈りの空間を現出したことで注目されました。

 石を叩くことで火花が出る、その最も単純な作業に創作の根源を見た三上はモニュメンタルな作品をつくるよりは石に関わる行為に自らの美学を籠めるようになっていきました。ドイツのレジデンシー・プログラムで見つけた石が氷河期にスカンジナビア半島に飛来した、惑星からのものという言い伝えを聞き、打つことをくり返すうちに飛び散る火花のかたちにあらためて注目します。カメラを設置し、記録と創作を自ら重ねた作家の、火花から生み出される文字のプロジェクト、QUAUGLYPH,硄グリフは1998年12月に完成しました。翌年4月に帰国し「硄グリフ」の発表にかかろうとした矢先に三上は病に倒れ、9月に急逝しました。

 遺作となったこの作品は、17年の時間を経て日本で初めてまとめて公開されます。
三上浩の国内外の友人たち、佐賀町アーカイブ、三上夫人・楡木令子が中心となって生まれた実行委員会がこの展覧会の実施に当たります。
火花が生んだ文字「硄グリフ」展は、写真作品と石のインスタレーションから成り立っています。

会 期: 2015年9月18日(金)〜 11月15日(日)
オープニング 9日17日(木)17:00〜19:00
開廊日:金・土・日・祝 13:00 ~19:00
入場料:無料
会 場:佐賀町アーカイブ
東京都千代田区外神田6 -11-14 3331 Arts Chiyoda B110
アクセス:東京メトロ銀座線末広町駅4番出口より徒歩1分
東京メトロ千代田線湯島駅6番出口より徒歩3分
お問い合わせ:info@sagacho.jp
主催:三上 浩 硄グリフ展 実行委員会
協力:株式会社キチン/NPO法人アート・ミーティング・ポイント
Details »

展覧会のご案内_MATSUO MEGUMI+VOICE GALLERY pfs/w(ヴォイスギャラリーより)

皆様へ
平素お世話になり、誠にありがとうございます。9月の展覧会をご案内申し上げます。
ご多用とは存じますが、ご来場いただけましたら幸いです。
なにとぞよろしくお願い申し上げます。

◎大友一世展「めまぐるしいゆえ、眩しい」(絵画)

・9月8日(火)~26日(土)11時~19時
・日曜と月曜定休/最終日26日は17時まで

大友一世は、油絵具の特性を活かしながら、3原色のみによる描画に取り組んできました。

また、前回の個展では制作の動機を自然への憧憬とし、大気や気配を連想させる描画に重きを置いていましたが、本展では、絵画そのものへの関心がより明確になっています。
Details »

POETIC SCAPE newsletter_6 Sep. 2015

-Exhibition-
三上浩+達川清『QUAU in photo』


POETIC SCAPEでは、2015年9月9日(水)より三上浩+達川清『QUAU in photo』(コウ・イン・フォト)を開催いたします。

QUAU in photoは、彫刻家 三上浩と写真家 達川清が1987年〜1992年に行った共同プロジェクトです。三上浩が暗闇の中でハンマーを振り下ろして石を打ち、その際に飛び散った火花を、達川清がシャッターを開きっぱなしにしたカメラで一枚のフィルムに写し込んでいます。

当プロジェクトは1990年に水戸芸術館で開催された展覧会『脱走する写真|11の新しい表現』にも選出されました。本展示では当プロジェクトからセレクトした作品を、あらたにプリントして展示いたします。ぜひご高覧ください。 会期:2015年9月9日(水)~10月11日(日)
会場:POETIC SCAPE
   東京都目黒区中目黒4-4-10 1F

*通常の営業時間と異なっております。ご注意ください。 
水~日 16:00-22:00(ナイト営業)
月・火休廊

協力:フォトグラファーズ・ラボラトリー <オープニング レセプション>
2015年9月9日(水)18:00-22:00
Details »

折元立身「Animal Art 1979-2014」出版記念展 ご案内 / 9.12.土 6pm-

折元 立身 ANIMAL ART 1979 – 2014
AOYAMA | MEGURO

2015年9月12日[土] – 9月20日[日]
open: 12 : 00 – 19 : 00 ※会期中無休です

オープニングパフォーマンス(車いすのストレス): 9月12日[土] 18 pm -
レセプション: 19 – 21 pm

この度弊ギャラリーでは昨年末の「子ブタをおんぶする」に続きまして、早くも2度目の折元立身(b.1946 神奈川県川崎市生まれ、在住)展を9月12日(土)より20日(日)まで無休で開催致します。

「パン人間」や「アートママ」の代表的なシリーズで知られる折元ですが、その他にも多くの優れた大量のパフォーマンス、ドローイング、彫刻を制作しています。
今回はその1つである、様々な動物とのイベント作品の79年から近作までの記録をカタログと映像に纏めました。これを記念してこの企画を発表します。
ぜひお出掛け下さい。

青山|目黒

目黒区上目黒 2-30-6 保井ビル 1 階 Happa
03-37114099
info@aoyamameguro.com
www.aoyamameguro.com
Details »

アキバタマビ21|第47回展覧会「夜間実験」のご案内


第47回展覧会 「夜間実験」

第1部:カワヲワタル、北口広美、鈴木圭、砂川啓介
第2部:岡本純、阪中隆文、白井晴幸、砂川啓介

2015年9月12日(土)~10月18日(日)
第1部:9月12(土)~9月27日(日)
第2部:10月1日(木)~10月18日(日)
※9月28日(月)~9月30日(水)は展示入れ替えの為、休場
12:00~19:00(金・土は20:00 まで) 火曜休場

●オープニングパーティー
第1部:9月12日(土)17:00 ~
第2部:10月3日(土)17:00 ~

●トークイベント
第1部:9月19日(土)14:00 ~
ゲスト:小金沢智 氏(日本近代美術史)
17:00〜カワヲワタル×委細昌嗣氏によるライブパフォーマンス

第2部:10月11日(日)14:00〜
ゲスト:未定 ※詳細が決まり次第、アキバタマビ21のHPでご案内致します。

●クロージングパーティ
10月18日(日)17:00 ~

多摩美術大学造形表現学部の廃止が決まり、一つの歴史が終わりを迎えようとしています。本展は、二部構成に渡りこの造形表現学部を卒業したごく一部の小さな表現者を紹介する展覧会になります。

本展は、二部構成に渡りこの造形表現学部を卒業したごく一部の小さな表現者を紹介する展覧会になります。第一部は、造形学科の卒業生のみの絵画を主体とした展示になります。第二部では、造形表現学部(造形学科、デザイン学科、映像演劇学科による三学部)全体での展示がつくれないかと動きだし、造形学科と映像演劇学科の卒業生による複合的な展示が可能となりました。同じ部屋、同じ学科から同じ学校、同じ表現者での広がりを、一つの展覧会を通じて感じていただけますと幸いです。
Details »

[TARO NASU] オマー・ファスト展開催のご案内

次回展覧会のお知らせ

“5,000 feet is the best” 2011 (c) Omer Fast Courtesy of gb agency, Paris / TARO NASU, Tokyo


“Her Face Was Covered (Part1)” 2011 (c) Omer Fast Courtesy of gb agency, Paris / TARO NASU, Tokyo

オマー・ファスト| Omer Fast
2015年9月11日(金)-10月10日(土)
火-土 10:00-18:00 日月祝 休
*Reception for the artist : 2015年9月11日(金)17:00-19:00

展覧会詳細>>

Details »

【小山登美夫ギャラリー】福永大介「Documenting Senses – イヌではなくネコの視点によって-」9/12(土)~


Sky, 2015, oil on canvas, 194 x 97cm © Daisuke Fukunaga

福永大介「Documenting Senses -
イヌではなくネコの視点によって-」

東京都渋谷区千駄ヶ谷3-10-11 
2015年9月12日(土)~ 10月17日(土)
OPEN:11:00~19:00
休廊日:日、月曜日 及び 祝日
入場無料
オープニングレセプション:
9月12日(土)18:00~20:00 *作家も在廊致します
Details »

被爆70年祈念連携プロジェクト岡部昌生「被爆樹に触れて」沖縄展のご案内

被爆70年祈念連携プロジェクト岡部昌生「被爆樹に触れて」沖縄展のご案内

国内外で活躍する美術家、岡部昌生の個展「被爆樹に触れて」が今年8月から全国6カ所を巡り巡回が始まりました。

戦後70年を迎えた今年、全国で様々な催しが行われている。北海道を拠点に国内外で活動している美術家、岡部昌生も戦後70年を迎えた今年、被爆70年祈念連携プロジェクトを行っている。8月から被爆地、広島のgallery Gを皮切りに全国6カ所(広島、沖縄、名古屋、福島、札幌、東京)でテーマ「被爆樹に触れて」の連続個展が開催される。このプロジェクトは、来年開催される「あいちトリエンナーレ2016」に岡部昌生の出展が決まり、同トリエンナーレのテーマが「虹のキャラヴァンサライ 創造する人間の旅」ことから、愛知トリエンナーレ本展に続く岡部昌生の旅である。9月2日から岡部にとって未開の地、沖縄での個展と滞在製作が始まる。二次対戦で地上戦を経た沖縄で岡部は何を感じ、何を作品に刻むのであろうか。この沖縄のプロジェクトは沖縄本部町辺名地に自邸をかまえる寺田氏の協力により、自宅をギャラリーに改装し行われる。

主催:被爆70年祈念連携プロジェクト
企画:CAI現代芸術研究所 
特別協力:寺田英司(Henachi Annex Gallery代表)
会場:Henachi Annex Gallery
   沖縄県国領群本部町辺名地11
会期:9月4日(金)~9月27日(日)13:00~19:00
トークショー:ゲスト/港 千尋(あいちトリエンナーレ2016 芸術監督)
       9月9日(水)19:00~
現地問い合わせ: 080-3021-4275(東辻)
問い合わせ:CAI02 011-802-6438(13:00~)

「House Beats — 撹拌する家 | Monten Live」@両国門天ホールのお知らせ

皆様
今週末、9/10(土)17:00@両国門天ホールにて、6月から8月の3ヶ月間の現代アートとサウンドパフォーマンスの連続企画「House Beats ― 撹拌する家」@explosion tokyoの集大成になる。ライブイベント「House Beats — 撹拌する家 | Monten Live」@両国門天ホールに参加致します。
現代アートと伝統音楽・電子音楽・ノイズやダンスと幅広いジャンルをカバーしたライブパフォーマンスを体験することができます。
詳細は下の内容をご覧ください。
お近くにおいでの際は、どうぞお越し下さい。
※ご予約も承っていますので是非メールにてご連絡下さい。
何卒宜しくお願い致します。

中川敏光

【イベント詳細情報】___________________________

「House Beats — 撹拌する家 | Monten Live」@両国門天ホール

音楽レーベルSpeechが主催し、様々なジャンルのアーティストの実験場であり交流の場であるexplosion tokyoの共催を得て展開されてきたパフォーマンスと展示の連続企画「House Beats ― 撹拌する家」。ロープで民家や壁を十字に縛ったり、紐やテント状の形態を用いて場を異化するインスタレーション、展示空間のリサーチに基づき、家の内部と外部に大きな構造体を出現させたプロジェクト、改造ギターを用いたインタラクティブな立体作品、行為の収集から得た音やイメージを、鏡と光と音によって家の中に飛散させた作品など、回ごとにテーマに対する作家たちの個別のアプローチが展開されてきました。空間上の点が結び合って線になる時に関係性が生まれ、それらの線が複合的に重なり合って境界面になるという過程を通し、現実空間を撹拌していく試み。その最後を飾るのは、一堂に会したアーティストたちによる一夜限りのライブパフォーマンス!3カ月間に渡るexplosion tokyoでの企画に続けて行われる両国門天ホールでのライブと展示は「ハレ」の場であると共に、点/線/境界面によって形作られるはずの、もう一つの家の構築を暗示しています。
+++
会場:両国門天ホール 東京都墨田区両国1丁目3−9 http://www.monten.jp/
日時:2015.09.05(土) 開場 16:30- 第一部 17:00- 休憩20分 第二部 19:00-
料金:2,500円
HP:http://www.speechmusicartcritique.com/housebeats
FB:https://www.facebook.com/events/941376959256264/
Details »

[ARATANIURANO] Taturo Atzu – “Photographs – Let Me Show You Almost All I Have”

Offsite Dance Projectからのご案内|2015年9月3日号

皆さま

いかがお過ごしでしょうか?
さて、12/12-13に開催の「本牧アートプロジェクト2015」のレジデンシープログラム「本牧AIR」の応募締切がまもなくです。関連ワークショップも急な坂スタジオに実施されますので、奮ってご応募ください。
また、過日お送りした「Dance New Air 2016」のプレ公演「“distant voices – carry on” 〜青山借景」の情報に一部誤りがありましたので、再度お送りいたします。チケット発売中!ご来場をお待ちしています。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
1. 本牧AIR 参加者募集中!(9/10〆切)
2. 急な坂スタジオ 制作道場 中級編 その1 募集中!(9/5〆切)
3. 東野祥子×南本宿小学校・サンハート「スクール・オブ・ダンス」(9/18開催)
4. Dance New Air 2016 プレ公演 “distant voices – carry on” 〜青山借景/チケット発売中!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

1. 本牧AIR 参加者募集中!(9/10〆切)
本牧アートプロジェクトのレジデンスプログラム「本牧AIR」で、今年度1名のアーティストを公募します。websiteに掲載しているプログラムディレクター 藤原ちからさんのメッセージをご覧のうえ、奮ってご応募ください。

【募集概要】
実施時期:2015年11月1日以降(応相談)〜12月13日
募集人数:1名(年齢・性別・国籍・ジャンル不問、ただし日本語でコミュニケーションがとれること) 
活動内容:一定期間本牧エリアに滞在し、本牧アートプロジェクト2015において成果物を発表する。
応募〆切:2015年9月10日(木)
参加条件:本牧エリア内におけるスタジオ及び宿泊場所(個人宅)を提供/制作費5万円まで支給/人的サポートの提供
選考方法:プログラムディレクターならびに選考委員会による書類審査の後、面接(遠方の方はスカイプ面談)により決定。
応募方法・詳細:http://honmoku-art.jp/2015/#air
主催:NPO法人Offsite Dance Project/助成:横浜市地域文化サポート事業・ヨコハマアートサイト2015、神奈川県、子どもゆめ基金
Details »

池田衆 個展「In Between Places」

池田衆 「In Between Places」
2015年9月5日(土)- 10月4日(日)
オープニングレセプション : 9月5日(土)18:00 – 20:00

Shu Ikeda “Invisible Background”
2015, photographic collage, mounted on aluminium, 790×1040mm


Shu Ikeda “Transition”
2015, photographic collage, mounted on acrylic, 780×780mm

Maki Fine Artsでは、9月5日(土)より、池田衆 個展「In Between Places」を開催致します。Maki Fine Artsでは約3年ぶり、3回目の個展となる本展は、「都市」をテーマとした新作12点を発表します。
Details »

三田村光土里展「DRIFT」開催のお知らせ バンビナートギャラリー


■三田村光土里展『DRIFT』
会場:Bambinart Gallery(東京)
会期:9月5日(土)-9月20日(日) 月火休廊、12-19時、入場無料
http://www.bambinart.jp/exhibitions/20150905_exhibition.html
※9/3(木)は、First Thursdays at 3331に参加のため18-21時のみ開廊します

このたびBambinart Galleryでは、三田村光土里個展“DRIFT”を開催いたします。

「DRIFT(ドリフト)とは、流れにまかせて漂うとか、それによって堆積するものという意味です。私が写真を撮るのは、画(え)を意識したときだけで、思い出のためにカメラを構えることは、実はあまりありません。それでも撮り溜めた写真の中には、なんのてらいもなくシャッターを押した、普段は目にとまることのない写真が眺められます。そこでは、意味に縛られない、素朴な自分の視点と思いを観ることができます。
最近は、そうした、つかみどころのない写真のしなやかさと、用途や機能がよくわからない道具の存在感に強く惹かれます。こうして記憶のどこかから目の前に漂着した写真たちと、使い道のないモノたちをゆるやかに組み合わせ、どこか奇妙な表情を帯びたオブジェクトが生みだされます。それらもやはり意味を持たず、ただ流れに身を任せて遊ぶように存在しています。
-三田村光土里」
Details »

gallery21yo-jから展覧会のお知らせです。

皆様お元気でお過ごしのことと存じます。
gallery21yo-jは諸々の事情により明日から始まる池内晶子展が今年最初の展覧会となります。池内晶子は昨年もやはり9月に私どもの画廊で個展をしていますが、制作の途中で思わぬハプニングがあり、予定通りの作品を出品することができず、今回はそのリベンジとしての展覧会となります。
今回の作品は一見いつものようでありながら、よく見るといつもと同じに白い一本の絹糸を結びながら形作られているのですが、いつもより厚みがあって渦巻いているように見えます。(見えるだけで実際厚いわけではないのです)。昼間の柔らかい光の中で見ますと作品に光が集まっていて、作品自体が発光しているようなとても美しいものとなっています。
いつものように見えにくく壊れやすい作品ですので、見にいらしてくださる方々にご不自由な思いをお掛けするかもしれませんが、どうか広いお心でその不自由さも楽しんで頂ければ幸いです。
久しぶりに皆様とお会いできますこと楽しみにしております。少しは涼しくなって参りましたのでぜひお出かけください。お待ち申しております。
gallery 21yo-j  黒田悠子

池内晶子 展 Akiko Ikeuchi Exhibition

2015年9月3日(木)ー9月27日(日)
休廊日:月・火・水曜日
開廊時間:午後1時ー6時

 title: Knotted Thread –white-φ14cm-h110cm material: silk thread year: 2015
Details »

【BankART1929 mail news – Vol.687】

====================================

 BankART1929 mail news – Vol. 687

[ シンポジウム「まちにひらかれた創造の拠点
  ~横浜創造都市と台北URSの歩み~ 」開催のお知らせ ]

=====================================

現在開催中の展覧会「アートと都市を巡る横浜と台北」の関連企画として、都市再生に関するシンポジウムを開催します。
台北市と横浜市では2000年代に入り、共に創造性に着目した都市再生プログラムに着手しました。その一連の取り組みの中では、都市に残る歴史的資産の活用や、文化芸術に着目したさまざまな実験的な試みが行われてきました。
特に台北市は都市の歴史的建造物や未利用の空間を再生したさまざまなタイプのURS(Urban Regeneration Station)を戦略的に配置することによって、都市の再生を目指すというユニークな試みで、世界的にも注目を浴びています。そこで、台北市の一連の都市政策のキーパーソン、URSの運営者を招聘し、横浜における取り組みとの比較を通して、これからの都市再生のあり方について議論を行います。
シンポジウム終了後、台湾と横浜のクリエイターが集い、交流を行ないます。こちらも奮ってご参加ください。

■シンポジウム「まちにひらかれた創造の拠点~横浜創造都市と台北 URS の歩み~」
日時:2015年9月6日(日)16:00-
会場:BankART Studio NYK
参加費:展覧会入場料で参加できます ※ 展覧会入場料:\1,000(カタログ付き)
ーーーーー
第一部◎特別講演
「台湾での象設計集団」坂元 卯(象設計集団 代表取締役)
Details »

【渋谷ヒカリエ 8/ ART GALLERY】 山本桂輔展「むかしむかしむかし」 9/9(水)~


山本桂輔 2015 © Keisuke Yamamoto

山本桂輔 展「むかしむかしむかし」
8/ ART GALLERY/ Tomio Koyama Gallery、渋谷ヒカリエ8階
2015年9月9日(水)~ 9月28日(月)
OPEN:11:00~20:00
オープニングレセプション:9月9日(水)18:00~20:00
アーティストトーク:9月9日(水)19:00~

展覧会期中無休
入場無料
展覧会情報:http://www.hikarie8.com/artgallery/2015/07/keisukeyamamoto.shtml
Details »

【マキイマサルファインアーツ展覧会のお知らせ 15.8.31】

マキイマサルファインアーツよりお知らせです
Information from MAKII MASARU FINE ARTS
******************************************************
□■ UPCOMING EXHIBITION ■□

吉田重信展「2011312313」
Shigenobu Yoshida Exhibition “2011312313″

http://www.makiimasaru.com/mmfa/archive/2015/0905/index.html

主に光をテーマとした作品やプロジェクトで知られている、福島いわき市の作家 吉田重信。自身も被災した2011年の東日本大震災後は、継続して震災に言及した制作・活動を続けている。今回あらたなアプローチで「その日」の記憶を封じ込め、視覚化した作品を展示する。

Shigenobu Yoshida is an artist from Iwaki City, Fukushima, who is known by
works and projects on the light as the major subject.
After the Great East Japan Earthquake in 2011 from which he was also
suffered, Yoshida has been continuing creation and activities referring to
the Earthquake.
In this exhibition he shows the works in which he seals up memories of “the
day” and visualizes them with a new approach.

【会期】2015年9月5日(土)~9月13日(日)  ※8日(火)休廊
Details »

Offsite Dance Projectからのご案内|2015年8月31日号

皆さま

いかがお過ごしでしょうか?
さて、2年に一度の東京・青山のダンスフェスティバル「Dance New Air 2016」のプレとして、ハイネ・アヴダルと篠崎由紀子による新作を10/10-12にスパイラルにて開催します。
明日9/1からチケット発売開始!ご来場をお待ちしています。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
Dance New Air 2016 プレ公演 サイトスペシフィックシリーズvol.1
“distant voices – carry on” 〜青山借景
2015年10月10日(土)〜12日(月・祝)
会場:スパイラル
公演詳細:http://dancenewair.tokyo/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

建築事務所での『Field Works-office』や横浜にあるモデルハウスや商業モールを舞台とした『Borrowed Landscape-Yokohama(横浜借景)』など、慣れ親しんだはずの日常風景をさりげなく非日常へと反転させたハイネ・アヴダルと篠崎由紀子。今年30周年を迎える東京・青山のスパイラル [建築:槙文彦] の空間を舞台に、ヨーロッパと日本のアーティストによる国際共同制作 『distant voices – carry on』 〜青山借景、に取り組みます。
スパイラルの屋内外、一般には公開されない空間などに身体/音/オブジェを介在させ、時間の経過とともに作品の形態を変化させていくサイトスペシフィックな作品。参加者ひとりひとりが自分の位置や見方を主観的に選択することができ、知覚が開かれ、ありふれた日常を別のイメージへと読み替えるパフォーマンス体験です。

コンセプト・演出・出演:ハイネ・アヴダル、篠崎由紀子
インスタレーション:梅田哲也
ドラマトゥルク: アンドレ・アイエルマン
美術: アルノ・ムールマン
サウンド・デザイン: ローランド・ルイテン、ジョアン・ロワゾ
振付・出演:イングリッド・ハ-クスタッド、陽かよ子、アイヴィン・セルイエセット、アンドレイ・アンドリアノヴ、山田うん、遠田 誠、白神ももこ、長内裕美 Details »

information from Youkobo art space

遊工房アートスペースより滞在アーティストのオープンスタジオをお知らせいたします。

LES FLEURS DU MAL
the power of seduction

フローラ・マー [ルクセンブルグ]
2015.09.09 – 2015.09.12
12:00-19:00

今回の滞在では、これまで展開してきた連続シリーズの1つ「LES FLEURS DU MAL」に焦点をあて、未だに私の芸術実践において解決していないパラドックス「悪の美」を追求する予定である。 初めての日本での滞在であること、そして”侘び・寂”や”タントラ教”の絵画をテーマにしている最近の作品は、この追求をさらに進歩させるものとなるだろう。私は「精美」に対する西洋の規範、そして美とは何かという問いを干渉する道徳的な境界を捨てたいと思っている。 遊工房の建物が、かつて結核療養所であったということから、今回は基本の美的形態としてコッホ桿菌を焦点にあてようと思っている。このテーマを中心に、スタジオを研究所として使用し、様々なドローイングや墨絵を作る予定である。
Details »

[GALLERY MoMo Projects] 阪本トクロウ展のご案内

GALLERY MoMo Projects [六本木]

阪本 トクロウ|中空

2015 年8 月29 日(土) – 9 月26 日(土)
オープニングレセプション:8 月29 日(土) 18:00 – 20:00
営業時間 :12:00 – 19:00 日曜・月曜・祝日休み

詳しくはこちらまで
Details »

ナディッフ・メールニュース vol.8 no39

ナディッフ・メールニュース vol.8 no39
nadiff


平山昌尚「ART SHOW」
2015年9月1日[火] – 9月13日[日]

OPENING RECEPTION
2015年9月4日[金] 18:00 – 20:00
平山昌尚 「ART SHOW」

Details »

黄金町エリアマネジメントセンターメールニュースvol.120


黄金町バザール2015特設サイト

宮前正樹とワークショップ展」トーク1

【8/29(土)】黄金町バザール2015プレイベント
「宮前正樹とワークショップ展」トーク1
アート・テキヤ!と体感する美術’96’97
1980~90年代に活躍、43歳の若さで亡くなったアーティスト宮前正樹の先駆的な取り組みであったワークショップに焦点を当てた特別プログラム「宮前正樹とワークショップ展」。 
生前の宮前と交流のあったアーティストや美術関係者を招いたトークイベントを開催します。
________________________________
トーク1:「アート・テキヤ!と体感する美術’96’97」
1997年夏「ひストリート・ファイター」(佐倉市立美術館)と「アート・テキヤ」(名古屋市今池まつり)で宮前はワークショップの場をまちなかへと広げる。 
「アート・テキヤ」参加者の山本高之、企画運営側の永山智子、それぞれが見た宮前正樹とワークショップとは?
 
日時:2015年8月29日(土)16:00~18:00
登壇者:山本高之(アーティスト)×永山智子(佐倉市立美術館)
会場:高架下スタジオSite-D集会場(横浜市中区黄金町1-2番地先)
入場料:無料
URL:http://koganecho.net/koganecho-bazaar-2015/artproject/artproject01.html

8年目のアートフェスティバル「黄金町バザール」を、もっと多くの人の手でつくりあげたい!

【~9/25(金)】「黄金町バザール」を一緒につくりませんか?
Details »

展覧会のご案内です

皆様

BCCにて失礼いたします。

日頃は大変お世話になっております。
このたび 所沢にて開催の『第5回引込線』に参加することとなりました。

場所は埼玉県所沢市、西武線航空公園駅よりバスで15分ほど、
『旧所沢市立第2給食センター』跡です。

期間は8月29日(土)より9月23日(水)までの26日間(会期中無休)
私は20日間ほど会場におります。何をしているかはこちらにアクセスしていただけると宜しいかと・・・・。

http://www.hikikomisen.com/ 

まだまだ暑さも厳しいようですが、なにとぞ宜しくお願い致します。

+++++++++++++++++
吉川 陽一郎

fb: https://www.facebook.com/youichiro.yoshikawa
仮)homepage :
http://www.ab.auone-net.jp/~yoshikaw/

栗原一成より個展のお知らせ


suwa1 2015 194×130.3cm oil on canvas

栗原一成個展「多声」が二会場二部構成で開催されます
前期の会場はKOMAGOME 1-14cas、後期の会場はGALLERYAN ASUKAYAMAと展覧会期間と会場を
二つにわけ、また二会場にはそれぞれ異なった作品を展示しております。
ご多忙のことと存じますが、お時間ございましたら是非お越しいただきますようお願い申し上げます。

Issei Kurihara Solo Exhibition 〝polyphony〟
栗原一成個展「多声」
《前期》2015年8月29日(土)ー 9月13日(日)
 13:00-19:00(無休/最終日17時まで)
 トークイベント:9月5日(土)16:00-17:30参加費500円(ゲスト:神奈川文化財団 中野仁詞)
 レセプション:9月5日(土)18:00-20:00
 会場:KOMAGOME 1-14cas(豊島区駒込1-14-6東京スタデオ1F)
Details »

TALION GALLERYより「ふれるめ」展のお知らせ

TALION GALLERY
-
神山貴彦、五嶋英門、椎木静寧、山下美幸
「ふれるめ|Sight Touching」
-
2015年9月6日(日) – 10月4日(日) 11:00-19:00 月火祝休廊
オープニングレセプション : 9月6日(日) 18:00-20:00
*本展覧会のオープニングは日曜日となります。
-
TALION GALLERYにて、2015年9月6日(日)より10月4日(日)まで、4人の参加アーティストによる「ふれるめ」展を開催いたします。
是非ともご覧下さいますよう、よろしくお願い申し上げます。


Details »

お知らせ|- 絵と ことばと 本のこと – |はいじまのぶひこ


© 2015 Nobuhiko Haijima

広島県福山市、鞆の浦近くのギャラリーでのイベントのお知らせです。
三回に渡って、自身の創作の経験を踏まえつつ、絵画や言語、書籍についてぼくが今感じていること、考えていることを自由に話す予定です。
トークやレクチュアから始まって、やがてちょっとしたワークショップに発展するようなこともあるかもしれません。
単に少しのんびりしたい、絵や絵本について雑談したい、という方も大いに歓迎いたします。
相当な遠方になりますが、もし機会がありましたらどうぞ遊びにいらしてください。
Details »

ショウジョノトモ、9年ぶりとなる個展「スルナラY シナイナラN」が、阿佐ヶ谷・TAV GALLERYで開催


News Release
2015年8月19日
TAV GALLERY
ショウジョノトモ 個展
「スルナラY シナイナラN」

TAV GALLERY / 8月29日 (土) – 9月13日 (日)

「永遠の子供」の魂をテーマに国内外で活動するアーティスト・ショウジョノトモの9年ぶりとなる個展「スルナラY シナイナラN」が、8月29日 (土) から9月13日 (日) まで、阿佐ヶ谷・TAV GALLERYで開催される。

ショウジョノトモは、2004年に「Child Play」というコンセプトを打ち立てたことを契機として、過去の経験を集結した現在のスタイルを確立。この「Child Play」というコンセプトについては「大人サイズの体に子供の心を搭載した人間であり、そのアンバランスが生み出す異端と魅了に翻弄される存在だ」と語られている。
Details »

[ARATANIURANO] “Here and Now”

online pharmacy no rx prescriptions buy avana No prescription needed on online pharmacies on phone or online order. Purchase our drugs from online pharmacies @!$" buy drugs online enter your Health Record number. Shipped From the US canadian pharmacy \]# order viagra professional on phone or online order. How To Order Product Search FAQ Contact Us Login Page Purchased. Mail order shipping to USA from online pharmacies . After ordering you will always be aware of what's going on with him.