シリーズ SakSak #2
ワークショップ加藤果琳[動く二枚の板に挟まれたビー玉のような出来事について2]

なんとも言えないもやっとした感情は不意に訪れる。お客さんに90度におじぎするサラリーマンの頭をエレベーターのドアが容赦無く挟む光景だったりICカードの残金が足りなくて改札に引っかかった時にいる後ろの人の戸惑いのステップだったりする。そんな日常でおこる、なんとも言えない瞬間や物事の隙間について考えてみたい。

出演:加藤果琳/企画:野本直輝

日程:2018年5月19日(土)
開場:18:30 開演:19:30
入場料:1.600円(ワンドリンク付)
会場:blanClass(横浜市南区南太田4-12-16)



Karin KATO
1992年生まれ。 2017年、広島市立大学彫刻科卒業。近年の参加展示に、「untitled-8」(2017年/広島芸術センター) 、「DAAURAエクスチェンジレジデンス成果発表展」(2018年/韓国・光州DAUURAギャラリー)などがある。
http://999999karin.tumblr.com

シリースSakSakについて
SakSakでは、誰かが発する表現を手掛かりに、その先を一緒に考えながら、その思考を交換することができる場の可能性を模索します。そのために取り敢えず、粗くてもろい、隙間だらけの場を想像してみる。(野本直輝)


related posts