★シリーズ 〇〇のかたちを探す #10|テーマ:会話
ワークショップ|尾崎 藍[はなす方法をかえてみる]


人間以外の動物はさえずったり、毛づくろいをしたり、体を揺らしたり、お尻の匂いを嗅いだりと、いろいろな方法で何かを伝え、受け取っている。
私たちも、いつもと違う方法で会話をしてみる。


日程:2018年3月10日(土)
開場:18:30 開演:19:30
ディスカッション「会話について」20:30~
入場料:1.500円(ワンドリンク付)


出演:尾崎 藍/企画:野本 直輝





尾崎 藍 Ai OZAKI
1991年埼玉県生まれ。東京造形大学美術科絵画専攻を卒業。2017年ZOKEI賞(東京造形大学 卒業・修了制作作品展優秀作品賞)受賞。
主なグループ展に「トーキョーワンダーウォール 2015」(東京都現代美術館、東京、2015)、「Studio Exhibition 2015 summer」(大野智史 富士吉田スタジオ、山梨、2015)、「ヒュ、ヒューマンネイチャー」(Art Center Ongoing、東京、2017)など。


ホームページ https://aiozaki.jimdo.com


シリーズ 〇〇のかたちを探す
たとえば「ゆたかな生活」「しあわせな家族」「安定した職業」「充実した休日」のような、いつの間にか理想像になっている言葉やイメージに、私たち一人ひとりが本当に必要とするかたちは見つけられるでしょうか? 実際の経験では、それぞれがバラバラで、一言でまとめられたり、ひとつのイメージに回収されてしまうものではないはずです。このシリーズでは、毎回ゲストをお呼びし、「遊び」「家族」「労働」「健康」など、各回ごとに違ったテーマを設定して、作品発表とトークを行います。そのなかで、さまざまな概念に対する頑ななイメージについて問い直し、本当に必要なかたちがどの様なものなのか、参加者たちと共に探していきたいと思います。(野本直輝)


related posts