矢内原 充志 Mitsushi YANAIHARA
モードという切り口で、常に今あるべき身体を世に問いかけ、舞台という非現実と、見ている人の日常との間にある境界線をなくしていく試みをファッションの立場から明確に打ち出している。桑沢デザイン研究所ドレスデザイン卒。1997年Nibrollに参加、以降、衣裳デザイン兼ディレクターとして作品にかかわる。2001年ファッションブランド「Nibroll about street」設立。2002~2007東京コレクションにてショーを発表。現在、舞台衣装家として世界中を飛び回る傍ら、国内では様々なプロジェクトのアートディレクターとしても活動している。有限会社スタジオ二ブロール代表取締役。

STUDIO NIBROLL


related posts