原口 典之 Noriyuki HARAGUCHI

1946年(昭和21年)8月15日横須賀に生まれる。日本大学芸術学部美術学科油画科に学ぶ。1966年から芸術活動を始める。ヨーロッパ、アメリカ、各地を巡った後1978年に鎌倉その後逗子に居を定める。1970年頃、必ずしも日本独自の芸術ということではないが、日本の現代美術はヨーロッパ(西洋)の芸術から離れ、より新しい芸術を独自に活動し始めた。その頃(1974年~)から頻繁に日本と欧米を行き来し活動を続ける。「日本-伝統と現代」(デュッセルドルフ市立美術館・西ドイツ・1974年)、その後「ドクメンタ6」(カッセル,西ドイツ・1977)に出品以来、主な展覧会を各国にて出展する。「現代美術への視点 色彩とモノクローム」(東京国立近代美術館・東京・1980)、P.S.1(ニュー
ヨーク,U.S.A.・1988)、光州ビエンナーレ(韓国・1997)、ミュンヘンでの初個展(レンバッハハウス市立美術館・ドイツ・2001)、「黒の方形ーマレービッチへのオマージュ」(ハンブルグ市立美術館・ドイツ・2007)、KUNST-STATION SANKT PETER KOLN(ザンクト
ペータ教会・ケルン.ドイツ・2008)、「社会と物質」(BankART NYK・神奈川・2009)。


related posts