★特別セッション
トークセッション|藤原ちから(BricolaQ)港の探偵団 #7[東京を遊んでみる・1]


都市に潜伏し、秘密を探り、水面下のネットワークを築きあげ、この世界のバランスへの関与を試みる「港の探偵団」。その掟はただひとつ……「その中で起きたことはけっして口外してはならない」ということ。SNSや他の場所ではなかなかできない話を、ひとつの場に集って共有・交換します。

今回からは新シリーズ「東京を遊んでみる」。2020年にオリンピック・パラリンピックを控えた東京ですが、その運営もそして都政も混乱が続き、順調とは言い難い状況です。東京を離れて別の場所に拠点を求めるアーティストも増えてきました。かく言うわたしもそのひとりであり、「脱・東京」を率先して訴えてきました。しかし、では東京が滅びればいいかというとそれは微妙です。なんせ20年も住んだ都市なので、愛着がないと言えば嘘になります。東京は魅力的な都市であってほしい。遊びたくなるような……。

まずは、参加者それぞれの頭に思い描く「東京」のイメージを持ち寄ってみます。他の参加者とシェアする前提で、申し込み時に200-400字で書いてメールしてください。なるだけ私的なものがよいでしょう。なるだけ俯瞰しないほうがよいでしょう。港の探偵団に評論家気取りは不要です。さて、何が見えてくるでしょうか。

今回からも参加は原則として40歳未満に限定します。

2018年2月21日(水)
19:00〜21:00(18:30開場)終了後、任意参加の懇親会あり
参加費:1,500円(懇親会費は別途実費)
参加条件:原則として40歳未満
会場:blanClass(神奈川県横浜市南区南太田4-12-16)
https://goo.gl/maps/whKbkCFnEoL2

予約方法:以下の内容でイベント前日までに以下のアドレスに送信ください。
こちらからの返信を持って予約完了とさせていただきます。なお定員に達した場合などお断りすることもございますので、あらかじめご了承ください。
〈タイトル〉港の探偵団#7
〈本文〉1)日にち 2)氏名 3)郵便番号 4)住所 5)メールアドレス 6)参加人数 7)「東京、と聞いて思い浮かぶイメージ」(200-400字。#7 #8 ともに参加される方は1通で結構です。)
〈アドレス〉 info@blanclass.com

藤原ちから Chikara FUJIWARA
1977年高知生まれ、横浜在住。BricolaQ主宰。出版社勤務の後、雑誌「エクス・ポ」、武蔵野美術大学「mauleaf」、世田谷パブリックシアター「キャロマグ」などの編集を経て、批評家として活動する。徳永京子との共著に『演劇最強論』、またウェブサイト「演劇最強論-ing」を共同運営。ラジオ「横浜サウンド☆クルーズ」第3火曜に出演。また横浜、城崎、マニラ、デュッセルドルフ、韓国・安山等で遊歩型ツアープロジェクト『演劇クエスト』を滞在制作するほか、新シリーズ『港の女(Woman In A Port)』も準備中。国内外でキュレーションを行うこともある。2017年度よりセゾン文化財団シニア・フェロー。


related posts