★月イチセッション
CAMP えをかくこと #8[似た絵を探す]企画:末永史尚(アーティスト)

今回は「絵が似ていること」について考えます。出演者が考える「これとこれが似ている」絵をそれぞれプレゼンテーションし、最後にそれらについてあれこれ話し合います。美術史では作品間の相関関係が検証されるのになぜコンテンポラリーアートではそうならないのか。また、ここからみえてくる「作るとは何か」問題。諸々の話題に「似ている」というアプローチから触れることができればと考えています。

出演:今井俊介(アーティスト)、大槻英世(アーティスト)、荻野僚介(アーティスト)、良知 暁(アーティスト)、冨井大裕(アーティスト)

日程:2014年12月18日(木)19:30~
参加費:1,200円/学生:1,000円
定員:30名(要予約)

CAMP http://ca-mp.blogspot.com/
〈予約について〉予約フォームかメールでご予約ください。
〈予約フォーム〉http://bit.ly/LXO3ao
〈予約方法詳細〉http://ca-mp.blogspot.jp/2008/06/blog-post.html
〈メールアドレス〉notesoncamp@gmail.com
〈メールのタイトル〉キャンプ予約
〈メールの本文〉1)イベント名 2)氏名 3)メールアドレス 4)参加人数
※ 当日参加も大歓迎です。その場合でも準備がありますので、ご予約をお願いします。

冨井 大裕 Motohiro Tomii
1973年新潟県生まれ、東京都在住。既製品に最小限の手を加えることで、それらを固定された意味から解放し、色や形をそなえた造形要素として、「彫刻」のあらたな可能性を模索する。近年の参加展覧会に、「横浜トリエンナーレ2011」(横浜美術館, 2011)、「MOTアニュアル2011」(東京都現代美術館, 2011)、「水と土の芸術祭2012」(万代島旧水揚場, 新潟, 2012)、「マンハッタンの太陽」(栃木県立美術館, 2013)、「開館20周年記念MOTコレクション特別企画 コンタクツ」(東京都現代美術館, 2014)、「柳瀬荘アート・教育プロジェクト”アウェーゲームーー茶碗に勝てるかーー”」(柳瀬荘, 埼玉, 2014)など。日本大学芸術学部助教。
http://tomiimotohiro.com/

良知 暁 Akira Rachi
1980年静岡生まれ。アーティスト。法政大学、ボーンマス美術大学卒。主な個展に『frames』(TARO NASU, 2009)。企画展に『thinking about dog’s death』(art & river bank, 2012)、「Optional Art Activity」(タケニナガワ, 2011)、『freshfacedandwildeyed’ 08』(the photographers’ gallery, ロンドン, 2008)など。そのほか、パフォーマンス形式の作品 「election – where are you going」、「represent」(ともにblanClass, 2013)を発表。執筆、編集、レクチャーを行なう(e.g.「Thoughts as variations」)。


related posts