リサーチ/ワークショップ | 太湯雅晴[何もないところから何かをつくる。]
何もないところから何かをつくる。
出来上がったそれの存在意義を保証するものは何か。あるいは保証云々は意味を成さない問題なのか。
重要なのは結果としての成果物だけではなく、それをつくるに至るプロセスを提示することなのだと思う。私の目的は成果物をひとつの正解として見せる事ではなくて、いくつかある、若しくはあり得た可能性も含めたみちすじを示す事にある。何かをつくるということは、「それらしく見せる」と言う事も含めて、それを確認する為の作業。

私は新宿の専門学校でデッサンを教えています。今回は生徒数人を引き連れて、blanclassにてデッサン大会を行います。モチーフは幾何形体を予定していますが、これから調達する感じなのでどんな形状のものが手に入るかは分かりません。なるべく難しくないものを用意するつもりです。また、飛び入りの参加も歓迎です。道具を一切お持ちでない方には5人分程の画用紙と用具一式のご用意がありますので、お気軽にどうぞ。(太湯雅晴)

協力:荻山拓也/芳賀由佳里/鮎田奈未/車 燕周/黒坂鉄馬/片野里美

変更前:
リサーチ、ワークショップ|太湯雅晴 [信用と保証のはなし] 
信用:[名](スル)それまでの行為・業績などから、信頼できると判断すること。また、世間が与える、そのような評価。
保障:[名](スル)ある状態がそこなわれることのないように、保護し守ること。「国家の安全を―する」「社会―」

日程:2014年5月17日(土)
開場:18:30 開演:19:30
入場料:1,500円(ワンドリンク)




太湯雅晴 Masaharu FUTOYU
公共の場に於ける創造的行為の在り方をテーマに活動。社会制度に介入し、そのシンタックスを組替えることで日常の中にバグのように違和感を生じさせる。旧青線町で知られる横浜市黄金町にて元「ちょんの間」を拠点に公共空間に於けるクリエイティビティを実践するためのアーティスト・ラン・スペース「Resort」を運営。



Link
facebookイベント・ページ
https://www.facebook.com/events/1402738700008017


related posts