展示・スクリーニング/パフォーマンス・演劇|佐々 瞬[恋人のための催眠術/戦争経験について書かれた手記(ケー坊の半生記)]

この作品は、ある老人が書いた戦争についての手記を基に、戦争という今となっては体験不可能な出来事と、死者との関係性に新たなアプローチするためのアイデアを提示する。

出演:佐々 瞬、宮川七奈子/協力:宮川七奈子

日程:2012年12月1日(土)
開場:18:00 展示・スクリーニング
開演:19:30 パフォーマンス・演劇
一般:1,200円/学生:1,000円





公開インタビュー



11/30 blanClass放送室より



※軽食:


「MOT ANNUAL 2012」の「勝手に関連企画」第3段、佐々瞬が登場!! 「風桶展」での佐々作品3部作は、すべてblanClassで発表した作品の展覧会版。blanClassでは今回も新作での参戦だ。この人の作品を体験するということは、その作品や作品行為に思いきって付き合うしかない。18:00開場から、展示や映像のスクリーニング、パフォーマンスはいつものように19:30から、一部、演劇の上演もあり…。19:30にあわせて来て も全貌は観られる仕掛け、どういう見方でも楽しめる作品だが、外枠も中身もあるので、できればゆっくりと時間をかけて楽しんでいただきたい。([blanClass +mail vol.160]より)


佐々 瞬 Shun SASA
1986年生まれ。東京で活動中。2009 東京造形大学美術学科絵画専攻卒業。インスタレーション、パフォーマンス作品を制作。個展に、2009年「それについて」(TAKE NINAGAWA・東京)。グループ展に、「No Man’s Land」(在日フランス大使館・東京)、2010年「camaboco」(東京造形大学・東京)、2012年「テグフォトビエンナーレ2012」(Deagu Art Factory・韓国)などがある。パフォーマンス作品に、2012年「それらの日々をへてあの日がやってくる」(blanclass・横浜)など。MOTアニュアル2012に出品予定。毎週火曜日にスタジオセンター開催中。
http://www.sasashun.com


related posts