パフォーマティブ・プレゼンテーション|近藤愛助[目に見えず、確かめられず、誰のものでもないもの]

〈存在する〉ということの曖昧さについて、〈境界〉というものの不確かさについて、写真、映像、テキストなどを、時間と共に変容するパフォーマティブな手法にて提示し、最終的にそれら断片が混ざり合い、ひとつの(もの)となるような、そんな(こと)ができたらと思う。

出演:近藤愛助/那須 誠


日程:2012年2月4日(土)
開場:18:00 開演:19:30
一般:900円/学生:700円







※軽食:スコッチブロス(大麦と野菜の具沢山スープ)


ドイツ在住のアーティスト近藤愛助が初登場。日本での発表は実に11年ぶり。当時から個と社会との断絶が、彼の問題意識の前提になっている。[目に見えず、確かめられず、誰のものでもないもの]をめぐって、自身の作品、ドイツで昨年の東北の震災以降に考えたことなどを、いままで彼がやったことのない方法で展開する。([blanClass +mail vol.118]より)


近藤 愛助 Aisuke KONDO
1980年静岡生まれ、2001年Bゼミ修了。2008年ベルリン芸術大学造形学部マイスターシュー
ラー過程修了。現在ベルリンにて作家活動を行う。最近の主な展覧会に「LOST
WORLDS > < MAKING WORLDS」(Gallery Murata&Friends・ベルリン・2011)、 「Illusion/Reality」( Emerson Gallery・ベルリン・2010)、「we are the islands」 (Bethanien, Berlin・ベルリン・2010)などがある。 http://aisukekondo.com


LINK
目に見えず、確かめられず、誰のものでもないもの|小林晴夫(blanClass+column, 2012-01-31)
近藤愛助 準備中|波多野康介(blanClass+column, 2012-02-04)


related posts