ワークショップ&ライブ|星舟庭[線は奏でる:Not Well Tempered Line]

月の裏側から戻った男の脳虫垂部が、本人の聴覚でもよく聞き取れない音の周波を受け取っていることがわかった。宇宙空間での作業中、ほんの数分の待機時間。見渡した暗黒。人ひとりなどは一瞬にして吸い込んでしまおうという太古の闇からその音は聞こえてきたのだった。今まで経験した感情にあてはめることができない感覚が男をめぐった。もう一度聴きたい、あの音を捉えたい、男は奇妙な強迫感から無音環境のなか生活を始めた。彼の意識を庭として、音は遊びまわった。意識音を記録する技術が当時はまだなかったので、それは線で表された。線は奏でた。線はかしこまり、おののいた。線は喜び、愛らしくひしゃげた。多くの記録を前に、遙かな星からの手紙であった、と、晩年の男は語った。

出演:原田靖子/岩清水さやか/大鹿智子


日程:2011年6月25日(土)開場:17:00
18:00~19:30 ワークショップ:右脳のための直感クロッキー
19:30~20:00 星舟庭(HOSHIFUNENIWA)演奏ライブ
一般:1,200円/学生:1,000円(画材込)









※軽食:6/25 わかさぎの南蛮漬けとインゲンの胡麻和え


星舟庭 HOSHI FUNE NIWA 原田靖子/岩清水さやか/大鹿 智子
2010年に結成。同年、両国アートトレイスギャラリー、桃園会館虫フェス、ホームパーティ、などで演奏。空間に合わせてオーダーメイドのパフォーマンスを提供するアコースティックな音と朗読のユニット。おしゃべりする音の重なりがヒューモアな感覚をくすぐる。星舟庭名曲アルバム、映像ライブ、制作進行中。4月16日中野桃園会館にて虫フェス再出演。

原田 靖子 Yasuko HARADA
東京藝術大学作曲科およびオルガン科修了。コンサートオルガニストとして各地で演奏を行うほか、こどものためのコンサートにも数多く力を注いできた。1999年より、St.Paul International Lutheran Church,Tokyo オルガニスト。2010年度より、立教学院アシスタント・オルガニスト。

岩清水 さやか Sayaka IWASHIMIZU 
イラストレーター。函館市生まれ。慶応大学文学部哲学科卒業(美学美術史学専攻)。絵はほぼ独学。新聞、雑誌の挿絵や書籍の装幀などを中心に活動。怪談の挿絵が多いです。たまにへんな彫刻も作ります。
http://www8.plala.or.jp/sardine-water/

大鹿 智子 Tomoko OSHIKA 
東京生まれ。多摩美術大学映像科中退。1991年よりイラストレーターに。『大鹿智子作品集』リブロポート、『中学国語教科書』表紙教育出版、『モン・モエ』幻灯舎、ウェブ絵本『Pruscilla』、アニメーション「わががまな巨人」監督、その
他、広告、装丁画、絵本、多数。
http://www.tomokooshika.com/


LINK
星 舟 庭 [線は奏でる:Not Well Tempered Line]|小林晴夫(blanClass+column, 2011-06-21)


related posts