参院選へGO!|2013年 参院選ビフォアー&アフター

6月と7月のblanClassは1つのテーマを設定しました(6/1のステューデントナイト以外)。きっかけは、眞島竜男が衆院選以来(参院選まで)続けている「今日の踊り」のまとめイベントをしようという話。ならば、いっそのこと2ヶ月間、blanClassすべてのイベントを「参院選」や「選挙」をテーマにしたイベントで固めてしまおう、ということになりました。
前回の衆院選の結果にうんざりするだけではなく、もしかしたら決定的に変わってしまうかもしれない社会の直前で、ささやかでも何か言っておけないだろうか? 世の中がどんなに変わってしまっても、変わらず「本当に必要なものは何か」を考えること、一日一日をユニークな経験として受け入れ続けていくこと、与えられる「答え」をはね除けて、そもそも「答え」が欲しいわけではなく、変化そのものを生き抜くこと、そういうあたり前のことを再認識したいと思ったのが、企画内容のすべてです。
2000〜2010年までの10年を振り返って「どんな時代だったか?」と、いつか誰かに聞かれることがあるとすれば、迷わずに「閉塞感」と答えるでしょう。
実体経済があるベクトルで行き詰まっていたのは事実ですが、その「閉塞感」だって、実体のない空気のようなものでした。それどころか、「閉塞感」は経済的な意味で、もっとも売れたトレンドでした。「閉塞感」は単なる商品だったのです。
そんな流行に反して、世の中の水面下では、これまでの市場では商品になりにくかった、様々な価値が見直され、多様な問題を解決していこうとする、失敗を怖れない地道な実験や実践が、社会化し、定着し、今正に芽を出してきています。
そんなとても大事なタイミングで、「アベノミクス」は何をしてくれているのでしょう? そもそも失敗を怖れて発明の心を失った巨大企業の堕落が生んでいる現在の経済状況に、なぜまた得体の知れないムードでバブルを呼び戻す必要があるのでしょうか?
とっくに利を失った「戦争ビジネス」に執着することや、人々のカジュアルな思想とは、かけ離れた国益をかざして社会が右傾化してしまうことも鬱陶しいのですが、きっと多くの拒否反応もあるはず。それ以上に、またしても金融経済だけに頼った、消費誘導型の社会に逆戻りしてしまうことのほうが恐ろしい。失われた20年に膨れ上がっている消費欲は、人々をきっと馬鹿にしてしまわないだろうかと…。
参加していただくゲストの方々は、これまでに選挙を問題にされた方も、そうでない方もいますが、次の参院選の前と後を一緒に目撃しながら、その変化を見届けて、来る未来を考えてみようと思います。

小林 晴夫 (2013.6-7チラシ掲載)


related posts