頭も、からだも、心もガンガンつかって考える

blanClassの活動も3年がたちました。そこで10月は3周年記念企画が目白押し。土曜日のLive Artは、最初の1年にお呼びしたアーティストから、LPACKが「住まう」ことについて、池宮中夫が「インストールされる身体」として、ともに「空っぽの教室(blanClass)」という開かれた密室で思考をチャレンジする。3周年記念パーティーでも、blanClassではおなじみの3人のアーティストたちが、それぞれのツールを駆使してノージャンルに展開。最後の週はアーティストとダンサー(振付家)の異色ユニット、前後(高嶋晋一+神村恵)が登場し、4年目の活動が粛々と続いていきます。
さらに4年目に向けて金曜日の夜にも、この秋からスタートするblanClass拡張計画!!! のプレトークを企画。CS-Lab + blanClassステューデントナイト vol.8 [代替energy] 参加者もまだまだ募集中です。
「blanClass拡張計画」とは、土曜日に収まりきらないレクチャーやトークなどをほかの曜日に移して展開する試みのこと。
それぞれ月1回のシリーズ、11月からは、2つのCAMPトーク [translations](木曜夜)と[真夜中のCAMP] (土曜深夜)、杉田敦「ナノ・スクール」(金曜夜)が、1月からは、眞島竜男レクチャー「どうして、そんなにも、ナショナルなのか?(仮)」(金曜夜)がはじまります。毎週水曜夜には、秦雅則「BC写真大学」も開校? します。
「頭も、からだも、心もガンガンつかって」とは秦雅則のBC写真大学について書かれたことば。前回、前々回のチラシには「からだをつかって考える」という文章を寄せましたが、これからは、持ってるものをフル稼働して全天候型にいきましょう。

小林 晴夫

(2012.10ちらし掲載)


related posts